本文へスキップ

産地直送ブログ

男鹿中地域おこし会の「さなぶり」

2014年7月4日

男鹿中のさなぶり

今回は、男鹿市・男鹿中地域の「さなぶり」をご紹介します
「さなぶり」……皆さんこの言葉の意味、ご存じですか?

6月8日(日)、男鹿市・男鹿中地域にお邪魔しました。
農家が多い秋田県では、昔から田植え作業が一段落する6月、
田植えの慰労や豊作祈願を込め、
仲間うちで「早苗饗(さなぶり)」のお祝いを行う風習があります。

「早苗振り」と書く地域もあり、
早苗振るまい→ごちそう・もてなし→「饗」となったとも言われています。
「さなぶり」は広辞苑によると「田植えを終えた祝い」。
日本語大辞典では「田植えの終わりに田の神を送る行事」ともあります。

昔は男鹿中地域のどの集落でも「さなぶり」を行っていました。
家々をまわりながら「どぶろく」を飲んだなんてこともあったそうです。

男鹿中のさなぶり歌謡ショーの様子

「さなぶり」を開催している集落は少なくなりましたが、
男鹿中地域で活動する「地域おこし会」の皆さんが
男鹿中公民館を会場に、3年前から「さなぶり歌謡ショー」を開催しています。

6月8日は約130人近い住民の皆さんが集まりました~。

航空自衛隊のなまはげ太鼓

こちらは航空自衛隊・第33警戒隊の皆さんによる「なまはげ太鼓」。
冒頭の写真のなまはげは自衛隊員の皆さんでした。

皆さん、ご存じですか?
男鹿中地域内の国有地には航空自衛隊三沢基地の分屯基地である「加茂分屯基地」があるんです。男鹿中地域の住民の皆さんとは頻繁に交流を行っていて、地域イベントの場にもかけつけてくれるんですね。

山川大介さんの歌謡ショー

さらに男鹿市・五里合(いりあい)地域出身の山川大介さんの歌謡ショーや
住民の皆さんによるカラオケなど。

さなぶりの様子

男鹿中の地域おこし会は、平成10年頃に発足したそうです。
当時、「地域で何かやろう」という声が住民からあがり、
地元の経営者を中心に20人程で発足しました。
旧男鹿中中学校跡地で「盆踊り」を10年近く続け、
今回のさなぶりや収穫祭といったイベントを地域で開催しています。

地域おこし会 武田会長

地域おこし会の発足当初から会長を務めるのは武田政一さん。
男鹿中地域で武田豆腐店を経営しています。
ウェブサイトもありますよ→武田豆腐店
130人近い住民が参加してくれたことに
「嬉しいなぁ~人が集まってくれることが一番嬉しい」。

地域おこし会の皆さん

この日は、朝から雨が降り、天気の心配もありましたが、
ほっとした様子。
さなぶりの終盤では、お仲間の皆さんと終始笑顔でした。
航空自衛隊の田中隊長も一緒にご愛敬♪

さなぶり歌謡ショーの開催は今年で3年目、
いかに多くの住民に参加してもらうかが悩みでもありますが、
今年は声がけを増やし昨年度よりも多くの住民が集まりました。
公民館の職員の皆さんもスタッフで準備に参加。
日差しの強さに負けず、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

参加した女性は
「こういうイベントがあるのはいいこと」。
「みんなで集まれるので嬉しい、楽しみにしている」と話していました。

時代の流れとともに、「さなぶり」の形は変わりつつありますが、
住民の皆さんがお酒を酌み交わしながら集まる「場」は
今も男鹿中地域に残っています。

広域連携推進員・みこたんのリポートでした!

【お知らせ】
男鹿中のミズ

男鹿中地域で試験的に行っている「朝市」も当日からスタートしました。
さなぶり会場には、新鮮な山菜(ミズ、わらび、フキなどなど)や漬物、
ごまもち、ジャンボ巻などのお菓子も販売。

さなぶりの出店には男鹿市北浦の金栄堂、
若美の武田商店さんの出店もありましたよ~。

Author: | Category:07秋田エリア, 男鹿中地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど