本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 麦巻としめ縄を作ろう!―内川の料理教室としめ縄教室に行ってきました―

麦巻としめ縄を作ろう!―内川の料理教室としめ縄教室に行ってきました―

2010年12月20日

12月17日(金)。
旧内川小学校校庭には、きらきらと光る新雪の中に大きい雪だるまが一体…。
童心に帰りたくなる衝動をぐっと抑えて、校庭の横に建てられた内川生きがいセンターに。

料理教室としめ縄教室が行われるということで、やって参りました。
こちらの生きがいセンターでは、この他にも陶芸教室や木工教室など、
様々な教室を開いて、地域の方々の交流の場として利用されています。

午前中の料理教室では、『麦巻』と『コーヒー寒天』を作りました。
麦巻は、ゴマ入りとココア入りの2種類があり、教室内には終始甘くていい香りが…
講師の北島先生のお手本を真剣に見つめる生徒の皆さん。
IMG_0435
北島先生は、以前は農協にいた頃にお総菜などを作って販売していたそうで、
この料理教室で、最近は作ることが少なくなった料理を教えてくれるとのこと。

先生のお手本を受けて、実際にやってみる生徒さん達です。
IMG_0437
生徒のほとんどが内川に住む地元のお母さん達で、
そこは、やはり日頃から料理されている皆さんですから呑み込みも早く、
手際も良い方たちばかりです。
「今度は私のやらせてー」「どのくらい入れればいいのー?」
と、会話を弾ませつつ、順番に作業を進めていました。

「子供の頃はこういうものもよく食べていたけれど、最近はケーキやクッキーなど、
美味しいものが簡単に手に入るから。こんな機会でもなければめったにお菓子も作りませんよねー」
と参加者のお一人。

午後から、旧内川小の体育館を利用して、しめ縄教室が行われました。
こちらは、小玉ヨネ先生と館長さんが中心となって、皆さんに教えていました。
IMG_0448
IMG_0441
生徒さん達が自分で作りたい形を決めて、好きな飾りを付けていく中で、
先生がその手伝いをしてくれるという形式で進められていきます。

「最近は、スーパーなんかで、色々な形のものが売られるでしょう?
そういうのを見て、あ、コレいいなぁ!って思うものを、
自分で作ったり飾り付けしたりするんですよ」
とこっそり教えてくれる生徒さんもいました。

また、今回初めて参加された方は、
「先生のと全然違うー!綺麗に出来ないー!」
と言いながらも、
「こんなに一生懸命作ったら、絶対大事に飾りたいよねー」
「来年はもっと上手にできるようになりたいわー」
と楽しそうです。

このしめ縄教室は、今回で4回目。
以前、内川で作ったしめ縄細工を町役場近くの「五城館」で展示したところ、
その出来栄えの良さから地域の皆さんも興味を持ち、
このしめ縄教室が始められたそうです。

これら教室の運営をされ、しめ縄教室では先生も務めた、生きがいセンターの館長さん。
IMG_0465
「地域の過疎化が進んで、皆が集まる機会も減ってしまいました。
公民館が楽しめる場所を提供できれば、と思ってスタートしたんです」
と話して下さいました。

料理教室も、しめ縄教室も、参加者が負担するのは初回の500円(材料費として)のみ。
材料等の都合により、飛び入り参加はできませんが、初回の申し込み受付に間に合えば、
地域以外の方でも参加できるそうです。
(ただし、しめ縄教室の材料となるスゲは各個人が用意しているそうです)
たった500円で、こんな風に皆で楽しく作業したり、自分だけのアイテムを作ったり出来る場所が、
すぐ身近な地域にあるって羨ましいですね!これからもぜひ続けていってほしいと思いました。

きっと校庭の雪だるまも、仲間に入りたい…はず?

Author: | Category:07秋田エリア, 内川地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど