本文へスキップ

産地直送ブログ

秋田県初!鶴形小学校に「キッズ野菜ソムリエ」誕生

2014年4月14日

キッズ野菜ソムリエ任命式

3月11日(火)、秋田県内「初」となる「キッズ野菜ソムリエ」が
能代市・鶴形地域に誕生しました!

野菜に触れる

野菜や果物の魅力を広く伝える「キッズ野菜ソムリエ」。
食育などに取り組む「日本野菜ソムリエ協会(本部・東京都)」が、
子ども達に野菜・果物に親しんでもらおうと、
食のイベントを通じて任命しています。

子供から子供へ伝えるのが目的

キッズ野菜ソムリエになるための任務は2点。
1…野菜・果物を楽しむこと
2…その魅力をお友達に伝えること

「自分が体験したことを友達に伝える」ことが重要です。
今回、能代市・鶴形小学校6年生、若松さん、御所野さん、松枝さんの3人が、任命に向けてチャレンジしました!

野菜に触れる鶴形小の3人 全校生徒の前でプレゼン

午前中にトマトの湯むきやトマトジャム、そば粉クレープ作りを実際に行い、
給食に合わせて、全校児童に料理を振る舞ったあと、
クイズ形式で野菜・果物の特徴を紹介します。

プレゼン中の6年生

「これは何の果物でしょうか?」

質問する子どもたち

「はい!」と手をあげる子どもたち。

さとう大根

写真の「さとう大根」を見事に言い当てる児童の姿もあり、
「おぉ~!」と歓声があがる場面も♪

元気な鶴形小学校の児童

鶴形小学校は、1年を通して「鶴形そば」の栽培や
田植え体験などを行ってきました。
「子ども達の1年の頑張りを何らかの“形”で残したい」と、
鶴形小学校が今回のキッズ野菜ソムリエの任命を企画。

キッズ野菜ソムリエ任命式

今回は、日本野菜ソムリエ協会の「ジュニア野菜ソムリエ」の資格をもつ藤村ゆきさん(大潟村在住)が講師を務め、先生や鶴形地域の住民の皆さんが見守る中、3人に認定書が授与されました。

実際に見て触れて体験したものは、なかなか忘れるものではありません。
「これで、家さ帰ってもちゃんと家族に伝えられるな~」と住民の皆さんも太鼓判。

下記のリンク先でも当日の様子が見られるのでご覧ください!
鶴形小学校ウェブサイト・3学期トピックス
広報のしろ取材日記

鶴形地域から広域連携推進員・みこたんがお届けしました!

●おまけ

キッズ野菜ソムリエ中の子供たち 元気に手をあげます
DSC00699 学校から見えるたちこうべ山

取材中、元気はつらつな鶴形小学校の子どもたちと
小学校から見えた「たちこうべ山」の1ショットでした。

Author: | Category:06山本エリア, 鶴形地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど