本文へスキップ

産地直送ブログ

にかほ市「横岡自治会便り」49号をご紹介。

2014年5月1日

自治会便り_統合

にかほ市・横岡地域の皆さんから、
「横岡自治会便り49号」が元気ムラ支援室に届きました♪
ご紹介遅くなってすみません!(>_<;) 3月1日に発行された横岡地域の姿をご覧ください。

●横岡自治会便り49号
横岡自治会だより49号

毎月、横岡自治会が全世帯に発行している「自治会便り」
これまでにご紹介したバックナンバーは下記リンクからどうぞ。
横岡自治会だより48号 ~旭日単光章と上郷の小正月行事~
おらほの自治会報 横岡自治会だより40号
3月1日発行分で49号、まもなく記念すべき50号です~。

26年度の自治会総会

まずは、2月2日に行われた予算総会の様子が紹介されています。
住民75名が出席し、平成26年度の自治会事業計画が話し合われました。

●新自治会長の齋藤進さん
横岡の新自治会長

新自治会長になった齋藤進さんが紹介されています。

就任にあたっての挨拶では、雪下ろし被害や交通事故防止、
そして阪神淡路大震災、東日本大震災に触れ、
家族で避難場所、避難経路、家族間の連絡体制等を話合って
決めておくことの大切さを呼びかけていらっしゃいます。

↓こちらは齋藤進さんの挨拶文の抜粋です。
「横岡自治会の運営については、
長い歴史の中で歩み続けてきた大事な行事は継承し、
一人でも多くの皆さんの参加を呼びかけ、自治会員相互の輪を広げ、
また、ライフラインや生活に支障を与えかねない事象等が発生した場合には
早期に対応し、暮らし易く楽しい、これまで同様の環境を守り、
自治会役員と、自治会会員が両輪となって、
進めて行きたいと考えています。
今年は午(うま)年。幸運を運んで来ると言われています。
出来れば、事故や災害をうまくかわして
何も無く無事に一年が終われたらと思っています」。

●米作りへの思い 齋藤一成さん
米づくりへの思い

住民の皆さんからの「声」が掲載されているのも
横岡自治会便りの魅力の一つです。
今回、ご紹介されているのは自治会の副会長でもある一成さん。

「今回、JA秋田しんせいの高品質良食味米生産表彰で優良賞をいただきました。
農業を専業として、私よりもっともっと頑張っている人がいるのに
本当に私でよいのかなという思いです。
賞をいただけたのは、場所が良いのと
冷たくおいしい水のおかげだと思っています。

私は、祖父の村平が初代、父の勝男が二代で三代目となりますが、
先代の二人が耕作していた田んぼで体を動かし健康の維持と、
それが少しでも収入になればと考え、
また、自分の代で終わらせたくないとの思いで米作りを行っています。
収穫した米は、JAに出荷した残りを個人的に販売したりしていますが、
食べてもらった皆さんからは美味しいとの評判を得ています。

その言葉がうれしくて今年もまたとの思いで頑張っています。
横岡の米は、どこにも負けない美味しい米だと思います。
この米を横岡全体で売り込んで発展させ、
もっともっと住みやすい地域になればと思います」

……と、一成さんのコメントが寄せられています。
ちなみにコメントにある「村平」とは「屋号」のことです。
秋田県内の集落でも、本名より「屋号」で呼びあう地域も多く見られますね。

さて、↓ここからは、自治会便りの原文「そのまま」でご紹介します。

●初午獅子舞奉納と石持ち占い
2014年の初午行事 前夜祭 (2)

2月15日(土)下村稲荷神社にて、
子供たちの初午獅子舞奉納と石持ち占いが行われました。
五穀豊穣・家内安全をご祈祷、子供たちの獅子舞が奉納されました。

2014年の初午行事 前夜祭(1) 2014年の初午行事 前夜祭 (3)

立派な頼もしい舞に、先輩方からは
自分たちの子供時代の舞より巧いとの言葉。  
16日(日)には子供たちだけで五穀豊穣・家内安全を祈って自治会内を周り、
各家々からお初穂をいただきました。

2014年の石持ち占い (1)

獅子舞の奉納が終わると大人の時間、
お神酒と稲荷神社講中の方が持ち寄った持弁当、赤飯、油揚げをいただき、
酔いが回ってきたところで、キツネの像、キツネの絵柄の杯、
男石、女石を社から出し石持ち占いが始まります。

石持ち占い (3)

「男石:約4kg」「女石:約3kg」と呼ばれる平たい石を
片方の手だけで持ち上げ、豊作を祈願しました。

2014年の石持ち占い (2)

腕を震わせながら持ち上げると、取り囲んでいた男衆から
「上作、上作」との声が上がりました。
腕力だけでは簡単に持ち上げることのできない絶妙な形状の石、
持ち上げに成功して今年もきっと豊作になる事でしょう。

中には、男石、女石一緒に持ち上げる人も!!!
この絶妙な形状の石を何時頃、誰が、何のために、
そしてどの様にして石持ち占いとなったのか?
遠い昔を想い、夜遅くまで行事が行われました。

●2月上旬のフキノトウ
2014年のフキノトウ

横岡の今年の冬は、ここ数年の冬に比べると雪が少ない様に感じます。
1月後半から2月前半には、雨の降る日もあり、
一時期、田んぼの畦道が現れることもありました。
我が家では2月1日に畦道からフキノトウを採って「てんぷら」にして食べました。
例年に比べ1ヶ月以上も早い春の味覚でした。
徐々に日も長くなり、春の訪れを感じるようになってきました。
ポカポカと柔らかな春の日差しが待ち遠しい今日この頃です……。

================================

ということで、相変わらず取材力のある「横岡自治会だより」を
広域連携推進員・みこたんがご紹介しました。

Author: | Category:03地域からの情報提供, 08由利エリア, 横岡地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど