本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 地域独自のカルタで楽しむ! 五城目町・浅見内地域の「新春サロン」でカルタ大会が行われました!

地域独自のカルタで楽しむ! 五城目町・浅見内地域の「新春サロン」でカルタ大会が行われました!

2014年2月3日

1月11日に、五城目町・浅見内地域で「新春サロン」が行われました!

浅見内カルタ大会

新春サロンで行われたのは、浅見内カルタ大会。
このカルタがすごい!


何がすごいかというと、浅見内地域の方言や、伝説などの「宝物」が書かれた
浅見内地域オリジナルのカルタなんです!

オリジナルカルタ

カルタリスト

以前から、「浅見内独自のカルタを作りたい」という話が地域内で上っており、
地域の皆さんで案を出し合いながら、60枚のカルタが完成しました。

カルタには、地元でしか意味が伝わらなそうな方言も書かれていました。
例えば「もくれんこ」、「とどりなし」。

出来上がったカルタを読み上げています

出来上がったカルタのお披露目ということで、内容がスラスラと読まれていきますが、
頭の上に「?」が浮かぶ取材班。
皆さんは「もくれんこ」、「とどりなし」の意味、わかりますか? 答えは後程ご紹介します!

工藤秦也会長

サロンの始めに、工藤秦也町内会長から
「カルタを作る際には、特に女性から多くのご協力を頂きました。
女性の力はすごいと感じました。平成26年度は、さらにすごいカルタを作りたいと思っています」
と、来年度の意気込みを交えたご挨拶を頂きました。

さて、まずは参加者全員で歌を歌いました。

皆さん楽しそうです

「みかんの花咲く丘」と「1月1日」です。皆さん本当に歌が上手!
「合唱団作っても良いな!」と地域の方から声が上がりました。
その提案、素敵です!

歌を歌って体がぽかぽかしたところで、いよいよカルタ大会。

いよいよカルタ大会開始です!

カルタ大会

カルタ大会は3グループに分かれて行いました!

ルールは「全文が読まれてから取ること」。

「えふりこぎ~」
バンッ

は、早い……っ!

「ダメだ~、全文聞いてからでねば」

しばらく「全文ルール」を守りながら大会が進められましたが、
見つけた後の時間が長く「取るぞ!」という気分が落ち込むので
見つけ次第取る! にルールが変更されました。

「おへゃふりも~」
バンッ

取材班も参加していますが、取れません(泣)
元気ムラ支援室から2人参加して、取れたカルタは、合計で3枚。
……来年、リベンジさせてください。

カルタ大会楽しい!

地域の皆さんは「脳の活性化に良い!」と、とても喜んでいました。
「来年は1人20枚取れるように、カルタを100枚まで増やしたい」という
新たな目標が掲げられましたよ!

カルタ大会の後、皆さんで昼食会です。

昼食会

各自、おにぎりを持ち寄って、豚汁を頂きます。

豚汁♪  ナス漬け

がっこ  あさづけ

おにぎりだけでなく、おこわ、お漬け物、あさづけ、ようかんなど、
たくさんの料理が持ち寄られました!

豪華!

いつの間にかとても豪華に。
たくさんご馳走になり、ありがとうございました!

さて、昼食会の時に、カルタに書かれた方言について聞くことが出来ました。
先ほどの「もくれんこ」と「とどりなし」の意味、わかりましたか~?

「もくれんこ」とは、なんと「こはぜ」のこと。 黒くて甘酸っぱい木の実です。
そして「とどりなし」は、「落ち着きのない人」のことなのだそうです!
方言って面白い!

「すまっこさ かだまっていねで こっちゃ出れ」
「おへゃふりも たまに助かる こともある」
「うちかわささら 舞う子らの 姿に元気もらい」
「てん保の時代に 尼僧住んでいた あま池伝説」
「ぬかづけ なたづけ さっとぼし 我が家の自慢の がっこの数々」
「りんりんと 馬そりの鈴の音 今は昔」

……などなど、方言だけでなく、地域の自慢もカルタに登場しています!

浅見内カルタ

まだまだ、たくさんの宝物や思い出がカルタに登場していましたよ~!

地域の皆さんからの案で増えていくカルタの内容が気になります!

以上、地域の宝物をカルタにして楽しい新年を迎えた
浅見内地域から、広域連携推進員がお届けしました!

Author: | Category:07秋田エリア, 内川地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど