本文へスキップ

産地直送ブログ

北海道中川町の皆さんが元気ムラを訪問(2) ~大仙市・余目編~

2014年1月15日

余目直売所前でエコール咲くの皆さんと記念撮影

NPO法人エコール咲く(北海道中川町)の元気ムラ訪問も2日目。
1日目の大館市・山田地域に続き、
12月5日、大仙市・余目地域を訪問しました。

余目地域の視察ラインナップは↓ご覧の通り。
●直売所「e-かげん(ええかげん)な父ちゃん母ちゃんの店」
●桜の名所「余目公園」
●ビオトープ公園
●農家民宿ほたる亭

余目地域活性化対策いきいき会議協議会(以下余目いきいき会議協議会)」の皆さんが地域の案内をしてくださいました。

余目公園を視察 レンタカーの中でおやきを試食

生憎の雨模様でしたが、移動中の車内で
余目の三浦キン子さんが作った「おやき」を試食します。
「美味しい!」とエコール咲くの皆さん、太鼓判を押してくれました!

余目のビオトープ公園で記念撮影

さらにビオトープ公園で記念撮影。

農家民宿ほたる亭 余目いきいき会議協議会の名刺

農家民宿ほたる亭では、
余目いきいき会議協議会の加藤秋雄さんが
ホタル亭の紅葉写真を使った名刺を見せてくれました。
紅葉の赤が生えて風情のある雰囲気なんですよ。

エコール咲くの皆さんがピザ生地作り

地域の視察を終えた後は、
直売所で石窯を使ったピザ作りと余目そばの試食。

完成したピザと一緒に記念撮影

石窯で焼いた手作りピザの完成です。
アドバイスしてくれた余目の皆さんと、エコール咲くの皆さん。
ピザ作りを一緒に行うことで、交流がスムーズにいくんですね。

余目そば 余目の三浦正彦会長

その後、余目そばを試食しつつ、余目の活動をまとめたDVDを視聴し、意見交換会を行いました。エコール咲くの皆さんからは、ピザ窯や、「おやき」についての質問もありました。
右の写真は、余目いきいき会議協議会の三浦正彦会長。

余目の5集落をもじったマーク

三浦会長が来ているジャージには、「余目」の文字と、
5つの花びらで構成されたロゴマークが記されています。
花びらは、余目の5つの集落を表しているんです。

地域住民による「直売所」や「そば処」の運営など活発な活動が評価され、
余目地域は、平成25年度「豊かなむらづくり全国表彰事業」東北ブロックの
「農林水産大臣賞」を受賞しています。

エコール咲くの皆さん、手をふりながら帰郷

2日間の日程を終えたエコール咲くの皆さんは、
地域資源を活かした山田地域、
体験交流、産直販売を通じた地域づくりに取り組む余目地域、
2つの地域住民と交流しながら具体的に話しをきくことができて、
とても参考になったと話していました。

山田と余目の皆さんも、「北海道」という普段なかなか接する機会のない
地域の人々と交流でき、刺激になったようです。

北海道中川町とあきた元気ムラの交流の様子を
広域連携推進員がお届けしました。

Author: | Category:09仙北エリア, 7 集落間交流, 余目地域


カレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど