本文へスキップ

産地直送ブログ

「下手でいい、下手がいい」中野・絵灯ろう絵描き講座

2010年11月30日

大館市中野地域のお祭り「中野七夕」で使われる絵灯ろうの絵描き講座が開催されました。

全員集合!


中野地域で使われる絵灯ろうは60個、全部で三回ある講座で、半分ぐらいを取り換えるのを目標にしています。

中野七夕

この日は小学生から年配の方まで、幅広い年齢層の方々13人の受講者が
中野温泉に集まり、講師の中田麻紀子さんから描き方を教わりました。
研修室の中は、ペレットストーブが赤々と燃えて、外と違ってとても温か。

ペレットストーブ

最初に心構えを。
「下手でいい、下手がいい」
下手さが味になります!
「ぶっつけ本番」
下書きなしです! いきなり本番!
「お手本なし」
実物をじっくりみながら、絵のお手本はありません!
だから比べられる心配なし!

練習中! その1

そして、筆の持ち方を確認して準備運動、
まず、小さなサイズの絵てがみを練習用に……

練習中、その2

コツは、紙の四辺のうち、最低一か所は、はみ出すように描くこと。
そのためには全体より先に、ヘタやツルなどを大きく描いて、それに合わせて実を描いていくこと。
そうすると自然に大きなものを描けるそうです。

そしていよいよ本番! 当然ですが「ぶっつけ本番」です。

ぶっつけ本番!

大きな大きな果物や野菜が鮮やかな色で描かれていきます。

最後に、添える言葉を考えて……。

文字を入れて……。

完成! みんな自分の作品をじっと眺めて出来栄えをチェック!
……みなさんすごい!

完成!

出来上がった絵は、2月のイベントでの展示も予定されています。

以上、中野地域でした!

Author: | Category:05北秋田エリア, 中野地域


カレンダー
2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど