本文へスキップ

産地直送ブログ

由利本荘市「三ツ方森茶屋」で交流会

2013年12月12日

晴天に恵まれた三ッ方森集落

秋空が気持ちいいですね~。
11月23日(土)、由利本荘市・三ツ方森地域で、
この時期、恒例となりつつある「三ツ方森茶屋」が開催されました。

2013年の三ッ方森茶屋

三ツ方森茶屋は、2013年で3回目の開催になります。
過去のレポートは↓下記リンクからご覧ください。
秋晴れと三ツ方森を味わう「三ツ方森茶屋」(2011年掲載)
「三ツ方森茶屋」に元気ムラ集合!(2012年掲載)

三ツ方森の黄色の幟 わらびの根っこ

「根花の郷」の文字が幟に書かれていますね。

「根花餅」は、山菜としておなじみの「わらび」の根(写真右)の
でんぷんを精製してつくる「わらび粉」を使用します。

わらび粉は、その昔「根花粉(ねばなこ)」として親しまれました。
根花粉を使って作られる「根花餅」は、
江戸時代の紀行家「菅江真澄」の記した文献にも登場します。
(東北地方では飢饉の際の救荒食にもなっていたようです)

三ツ方森町内会では、一度は途絶えたわらび粉づくりに、
3年ほど前から取り組んでおり、見事復活させました!

根花餅

こちらがその「わらび餅」! きな粉を纏って美味しそう!
もちろん三ツ方森産のわらび粉100%です!!
三ツ方森町内会では、わらび粉の商品化にも取り組んでいます。

三ツ方森町内会では、毎年この時期にわらび粉づくりを行い、
その年に採れたわらび粉を使用した「わらび餅」、「根花そば」を囲む
1日限定の「三ツ方森茶屋交流」を開催しています。

赤田の遠藤さん坂之下の皆さん

今年は、由利本荘市の「赤田」「坂之下」地域、

南沢の皆さんあゆかわのぼるさん

上小阿仁村の「南沢」地域、
詩人のあゆかわのぼるさんをお招きしての開催。

春の山焼き行事など、いつも三ツ方森町内会を応援している
「石沢川を探訪する会」のみなさんや、
由利本荘市の集落支援員もかけつけてくれました!

石沢川を探訪する会の打った二八そば

こちらは、石沢川を探訪する会のみなさんが振る舞ってくれた「根花そば」。
石沢地域産のそば粉と、三ツ方森地域産の根花粉をブレンドし、
そこにつなぎを入れた「二八そば」です。

お話を伺うと、「根花粉は“つなぎ”には向かず、そば打ち泣かせの素材」
「だけど、独特の歯触りとのどごしが素晴らしい」とのこと。
実際、食べてみましたが、素晴らしかったですよ。

晩秋の三ッ方森

美味しい料理を囲み、地域で取り組んでいることや、
これからやってみたいことなど、
参加者の話がはずみで楽しい交流会になりました。

会の途中、あゆかわのぼるさんが即興で
詩を披露してくれたのですが
これがまた感動的な詩で、
参加した三ツ方森町内会のお母さんが涙ぐむ場面もありました!

三ツ方森茶屋のリポートを広域連携推進員が
お届けしました!

Author: | Category:05北秋田エリア, 08由利エリア, 7 集落間交流, 三ツ方森・大台地域, 南沢地域, 坂之下地域, 赤田地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど