本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 笑顔いっぱいお腹いっぱい♪ 大仙市・余目(あまるめ)地域で「余目収穫祭味覚交流会」が開催されました!

笑顔いっぱいお腹いっぱい♪ 大仙市・余目(あまるめ)地域で「余目収穫祭味覚交流会」が開催されました!

2013年11月28日

11月3日(日)、大仙市・余目地域の
余目産直「e-(ええ)かげんな父ちゃん母ちゃんの店」で
「余目収穫祭味覚交流会」が開催されました!

ピザあっつ~い!


当日は、収穫祭の前に「まんざくら植栽会(しょくさいかい)」が行われ、
地元の万桜育友会(まんざくらいくゆうかい)の皆さんと内小友(うちおとも)小学校の5年生が
桜の苗木を地域に植樹しました。

苗木を植えた後は、皆でピザに野菜などの具材をトッピングして、
余目産直のピザ窯で焼いて食べます!

ピザの具をトッピング  ピザを焼き焼き♪

体を動かした後にはたまらない、香ばしい香りが広がります……。

あつあつピザを頬張る♪

焼き上がったあつあつピザを頬張る皆さん♪
美味しさは皆さんの表情から見て取れますね!

内小友小学校の皆さんと言えば、平成25年の8月に3年生が
そばの種まき体験に訪れていましたね!

8月に行われた「そばの種蒔き体験」

内小友小学校では「地域の良いところ」を学習する時間が設けられており、
3年生は「そば」の種蒔き、収穫、そば打ち、食べるまでを体験学習し、
4年生は「ほたる」の観賞会に参加、
5年生は食の勉強として地元の「米」を学習するため、
実際に味わっての感想と、食べた方への聞き取りを行います。

この日は、大仙市内や秋田市からも余目地域の新そばを求めて
余目産直隣の余目そば処に訪れていました。

繁盛してます!

そば処の皆さん

さあ、こちらが今年の余目地域の新そばです!

新そば♪

なんと通常よりも安値で新そばを味わうことが出来ます!

天かすのせ

お好みで天かすをトッピングして、いただきま~す!
いつも美味しい余目そば。新そばの味も格別です。

大根のお漬け物

テーブルの上のお漬け物も美味しい♪

そば処の外では余目地域の新米を炊いたご飯も振る舞われ、
テントの中では地域の皆さんが栽培した新米も販売されていました。

新米!  おなじみ「余目ほたる米」

こちらが「いぶりがっこ」が添えられたツヤツヤご飯。

新米♪

口に入れた瞬間から、舌に感じる感触が違います。
もちもちしていて、歯ごたえがあって……。

おかわり続出!

内小友小学校の生徒たちも「おいしい!」「やわらかい!」と
地元で栽培されたお米に感動していました。
そのおいしさからか、5杯おかわりした強者も。

平成25年度、余目地域では秋田県農林水産部で企画する
「ふるさとオーナー制度」に取り組んでおり、6月から
たんぼの生き物観察会、ほたる観察会、収穫体験と
様々な体験イベントを行ってきました。
ふるさとオーナーの皆さんは特別栽培米「里山の田んぼ米」を栽培しました。
(特別栽培米とは「農薬の使用回数を地域の同時期に
慣行的に行われている使用回数の5割以下、化学肥料の窒素成分量が
栽培地が属する地域の5割以下」であることを言います。)

さて、次に内小友小学校の皆さんを対象に行われたのが、
炊いた米と炊く前の米を器に入れ、それぞれ掌にのせて、
どちらが重いかを当てる「お米の重さ当てゲーム」です!

お米の重さ当てゲーム

後ろから大人の方も興味津々で見守ります。

持ってみて感じた重さは?

女の子は「炊いた方が重い」と答えましたが、
男の子は「わからない」と回答。
さてさて、正解は……?

どちらも45グラム。同じ重さです!

どちらも同じ重さ

同じ重さなのですが、炊いた米の方が水分を吸っているので、
感覚的には炊いた米の方が重く感じるそうなのです。
この感覚は、女の子のほうが敏感なのだそうです。
不思議ですね!

ピザ、新そば、新米、お漬け物と美味しい味覚が満載の
余目収穫祭味覚交流会でした♪

地域の皆さんと、内小友小学校の皆さんの元気を感じた
余目地域から、広域連携推進員がお届けしました~!

Author: | Category:09仙北エリア, 余目地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど