本文へスキップ

産地直送ブログ

木の成り立ちを知ろう!・常盤小学校が植樹体験を行いました!

2010年11月24日

NPO法人常盤ときめき隊と常盤中学校による「炭焼き体験」のリポートを
先日のブログでお伝えしましました。

植樹体験する常盤小の児童たち

今回、常盤ときめき隊とコンビを組むのは常盤小学校!
常盤小学校の5年生と6年生、計20名がチャレンジしたのは……

楢の木100本の「植樹」です!

炭焼き体験で使用した木々が、どのような過程を経て「炭」に変化するかを知ってもらうために
11月8日、能代市の「毘沙門の森」近くにある常盤財産区で植樹体験が行われました!

山谷自治会の人々も協力常盤ときめき隊に指導をうける

常盤ときめき隊は、秋田県の「森づくり県民提案事業」を活用して森林保全に取り組んでいます。
この日は、常盤地域の老人クラブや山谷自治会の方々も応援に駆けつけ、植樹開始!

今年で2年目になるこの植樹体験。
6年生は、昨年経験済みなので手なれたもの。
初めての5年生も、アドバイスをもらいながら作業します。

植樹作業せっせと運ぶ常盤小学校のみんな

地域の人々があらかじめ掘っていた穴に、木の苗を植えこみ
その回りには秋田杉のチップを巻きます。
雑草が伸びにくく成長速度が全然違うんだそうです。

「自然は放置したままではダメになってしまう。
自然を守っている人々がいることを知ってほしい」。
常盤ときめき隊の理事長・小林甚一さんの言葉です。

常盤では幼稚園児にも植樹を体験する機会が設けられています。
常盤ときめき隊や山谷自治会のみなさんも
「学校で植樹をしたことある」とお話していました。

地域の人々が木々と親しんできた歴史が
「木の里」常盤地域の土台を作っているのでしょう。

最後に挨拶植樹体験の感想発表

「大人になった時に自分が植えた木々が大きくなった様子を見に来たい」

協力してくれた地域のみなさんにお礼を言いいながら、
植樹した体験の感想を発表する児童のみなさん。
自分の名前を記します

最後に、植樹した木々に常盤小学校のみんなが、自分の名前を記しました。
何十年後かに、児童のみなさんには、この場所で自分の名前を確認して欲しいですね。

常盤小学校の児童・集合写真

今から、児童と一緒に成長した木々を見るのが楽しみです!
常盤地域のみなさん!そして常盤小学校のみんな!お疲れ様でした!

大きくなるかな

大きくなるんだぞ~!!

Author: | Category:06山本エリア, 常盤地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど