本文へスキップ

産地直送ブログ

横手市・大屋地域と岩手県八幡平市・田頭(でんどう)地域の交流!

2013年11月25日

岩手県八幡平市・田頭(でんどう)地域の皆さんが

田頭地域との交流

横手市・大屋地域へ視察にやってきました!
県境を越えた交流の様子をリポートします。

交流のきっかけになったのは、岩手県で行われた
「平成25年度東北地区社会教育研究大会・第58回東北地区公民館大会」の分科会で
大屋地域にある「さかえ館」黒澤館長が行った
公民館における地域資源の活用事業について発表でした。
「元慶(がんぎょう)の乱」と呼ばれる秋田を中心とした争いの中で、
大屋地域の「東山道」が使われたと伝わっています。
同じ乱で、朝廷の軍が通ったと言われる「鹿角街道」が通八幡平市の方が
大屋地域に興味を持ち、田頭地域の皆さんが訪れることになりました。


大きな地図で見る

八幡平市・田頭地域は八幡平市の中心部、国道282号の西側に広がる地域です。
「田頭」と書いて「でんどう」と読むのは珍しい!

「館山」と呼ばれる城跡があり「田頭城」の看板が郵便局のすぐ横に立っています。
「昔は城下町だったんだよ」と教えてくれました。

今回の交流のきっかけとなったのは「元慶(がんぎょう)の乱」
元慶2年(878年)秋田城の支配に対し、
蝦夷(えみし、当時、朝廷に従わなかった人々)が秋田城を襲撃しました。

この鎮圧に乗り出した大和朝廷により鎮守府将軍に任命された
小野春風(おののはるかぜ)が「東山道」や「鹿角街道」を通り、
蝦夷達を説得するなどして乱を鎮圧したと伝わります。

今回の交流では、東山道と鹿角街道の二つの「道」が縁で2つの地域が繋がりました。

移動します

まずは、大屋地域を象徴する「大屋梅」を見に「正伝寺」へと向かいます。

解説中 IMGP3147

大屋地域の戸田さんと黒澤さんが、正伝寺や大屋梅について説明しました。

大屋沼へ

続いて東山道の眠る「大屋沼」へと向かいます。
途中、バスの中でも戸田さんが地域のことを解説してくれました。

大屋沼到着 浮かび上がる東山道

現在、「沼干し」を前にして大屋沼の水位が下がっているため
沼に沈んでいた東山道がよく見えます。

情報交換会

見学後は場所をさかえ館に移して情報交換会です。

柿や折り紙など 中にはお菓子も

折り紙の柿や人形のオモテナシがステキです。

情報交換中 情報交換中

情報交換会では
・大屋納豆のこと
・大屋地域の歴史をまとめたこと
・公民館のことなど

さまざまなことが話し合われました。

以上、広域連携推進員がお届けしました!

Author: | Category:10平鹿エリア, 7 集落間交流, 大屋地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど