本文へスキップ

産地直送ブログ

狙半内(さるはんない)の人々が「ますだ保育園」へ!

2013年10月31日

お手玉

10月15日(火)、横手市・狙半内(さるはんない)地域の皆さんが、
「ますだ保育園」の園児と交流を行いました♪

ますだ保育園

横手市・増田地域の中心部にある「ますだ保育園」。
0歳~5歳までの園児・159人が入園しています。

保育園を見学 保育園を見学その2

「ますだ保育園」から車で約30分の場所にあるのが「狙半内地域」。
滝ノ下、上畑、火石田、中村、小栗山、川口の6集落で構成されています。
今回、地域住民19人が保育園を訪れました。
↑写真は保育園内を見学する住民の皆さんです♪

肩たたき

園児のダンス発表を見たり、肩たたきをしてもらったり。
皆さんとっても楽しそう。園児の元気なパワーは凄いですね。
一緒にいるだけで、こちらも笑顔になってしまいます。

お遊戯の発表 年少の子も一緒に

↑こちらは年長組のダンス発表中。
音楽につられて、年少組の園児も教室から飛び出てきました♪

花いちもんめ

この他にも、「花いちもんめ」「お手玉遊び」「ボール遊び」「縄跳び」を
一緒に遊びました。

縄とび

今回の交流は、
狙半内共助運営体(6集落で構成される組織)の奥山良治さんが、
増田地域づくり協議会の会議で
活動を発表したことがきっかけです。

狙半内共助運営体の活動については↓下記ブログをご覧ください。
地域とスーパーをつなぐ買い物バスが出発(2013年4月掲載)
狙半内共助運営体と保育園児の交流会(外部リンク:秋田県南NPOセンター)

「独り暮らしの住民が買い物バスなどで外に出るようになり、
地域に元気が出てきた」と、奥山さん。
会議の場で発表を聞いた保育園の高崎園長が
「自分たちにも何かできれば」と、今回の交流に繋がりました。

お手玉

「とても楽しかった」「めんこいな~」「健康的だ」と、話す狙半内の皆さん。
少子化が進み、狙半内地域で子どもの声を聞く機会が
ほとんど無くなってしまったと言います。
園児との交流は、住民の皆さんにとっても良い体験だったようです。

中には「お手玉なんて何十年ぶりだったわ」と話す人も。
保育園の先生によると「花いちもんめ」「お手玉」などの昔遊びは
今の子どもたちにも十分楽しめるそうです。

お見送りの様子

「来て良かった」と、参加者の皆さん、み~んな話していました。
狙半内共助運営体と保育園では
今後も交流を続けていくそうです。
また、住民の皆さんの笑顔が見られそうですね!

狙半内地域と、ますだ保育園の交流を
広域連携推進員がお届けしました!

Author: | Category:10平鹿エリア, 上畑・滝ノ下地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど