本文へスキップ

産地直送ブログ

青年会が代々受け継ぐ行事、男鹿市・五里合中石地域の盆踊り

2013年9月24日

8月15日、梨の実が大きく成長中の中石地域では
毎年恒例の盆踊りが開催されました!

中石地域盆踊り

中石地域で盆踊りが「青年会」の主催で行われるようになったのは
40年以上も前からです。伝統を感じさせられますね!
13日に青年会の皆さんによって盆踊り用のやぐらが建てられ、いよいよ当日。

仮装した皆さんも集まっています

会場の中石公民館には既に地域の皆さんが集まっていました!
中には仮装をした皆さんも!

なんの仮装かというと……。

じぇじぇじぇ!

あまちゃん

あまちゃん

今がまさに旬、「あまちゃん」の仮装をした皆さんです~!
完成度高いです……!

こんな愉快な仮装も♪

中石のAKB(ババ)48

その名も「中石のAKB(ババ)48」。
ユニークです。仮装を見ているだけで楽しい気持ちになります!
若美の鵜木など近隣の地域から嫁いできたという皆さんです。

男鹿市で盆踊りと言えば、「だだだこ盆踊り」がポピュラーなのだそうです。
江戸時代の紀行家、菅江真澄は加茂青砂地域の盆踊りを記録に残していますが、
男鹿市全域で踊られていたんですね!
「だだだこ盆踊りは子どもの頃から踊っていたから、もう70年も踊ってるわ~(笑)」
すごい……もう「だだだこ」のプロですね!

太鼓を叩くのは青年会の皆さん

力強い特徴がある、だだだこ盆踊りのリズムが中石地域に響き渡ります。
太鼓を叩くのはもちろん青年会の皆さん。
今回参加した青年会の皆さんは6人、力を合わせて盆踊りを盛り上げます。

子どもたち  子どもたち

子どもたち  盆踊り

中石地域には東京都、愛知県などからも毎年帰省する方々がいます。
そういった帰省した皆さんも盆踊りに参加しており、若いお母さんたちの姿や、
子どもたちの姿がたくさん見られました。

初めは20数人だった参加者も、30分ほどで50人以上に!

たくさん集まってきました

昔は盆踊りの輪が2連、3連に連なるほどたくさんの人々で賑わっていたそうです。

盆踊りの最後には、仮装をして踊った方に賞が授与されます。
優勝から3位まで順位が付けられ、果樹組合賞、青年会賞など様々な賞があります!

仮装「あまちゃん」は果樹組合賞

「あまちゃん」の仮装をした皆さんは「果樹組合賞」でした♪
おめでとうございます~!

盆踊りの後は、青年会の皆さんで反省会が行われました!

カニ

地域の方からは、こ~んな豪華な差し入れが……!
じぇじぇっ!

中石地域では12月に「なまはげ行事」があります。
青年会の8人全員がなまはげに変身するそうですよ~!

16日には、朝からやぐらなどの片付け、そしてお盆にお供えした旗などを
墓所で焼き上げる、という大切な一仕事があります。

反省会

皆さん、お疲れさまでした~!

以上、だだだこ盆踊りの余韻が残る中石地域から、
広域連携推進員がお届けしました~!

●おまけ
8月9日に中石自治会の渡部会長に見せて頂いた男鹿梨の実です!

すくすく成長中の男鹿梨

女性の握り拳程度まで成長していました♪
9月上旬には早生品種「幸水」が収穫時期を迎えます!

Author: | Category:07秋田エリア, 五里合・中石(ちゅういし)地域


カレンダー
2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど