本文へスキップ

産地直送ブログ

地域に眠る歴史スポット ~横手市・亀田編~

2013年8月10日

亀田・冬フィールドワーク (6)

写真は、横手市と東成瀬村を結ぶ国道342号沿いにある
「真人(まと)発電所」の遺構です。
明治時代に発足した「増田水力電気株式会社」の発電所跡で、
横手市増田から狙半内(さるはんない)方面に、
国道342号を進むと左側に見ることができます。

何度も通っていた国道342号ですが、
地元の方に教えてもらわなければ、こんな遺構があるとは気づきませんでした~。
今回は、そんな亀田地域に眠る「歴史スポット」をご紹介します。

DSC07002_真人へぐり跡

こちらの写真は、国道342号沿いの「真人橋」から撮影しました。
写真奥に進むと、冒頭の真人発電所が見えてきます。

一見、普通の国道風景ですが、何と!
江戸時代には右側の成瀬川まで「崖」がせり出していたんです。
この辺りは「真人へぐり」と呼ばれる交通の難所で、
人々は写真左側に写る「真人山」を迂回して東成瀬に抜けていたんです。
中には、崖の上を歩き、足をすべらして川に落ちてしまう人もいたと言います。

今の景色からは想像できないほどの難所だったんですね。

真人橋から見た真人山 DSC06976_久蔵碑

左の写真は真人橋付近から見た「真人山」。
赤印のあたりに、地域住民に語り継がれてきた「義人・久蔵」の碑があります。
久蔵は、江戸時代の桶職人で「真人へぐり」を開削した人物です。

DSC05108 DSC06728_久蔵の大杉

「のみ」と「たがね」のみで、約2mの道路を6年かけて開削しました。
(左の写真は、亀田地域センター所蔵資料)
右の写真の大杉は、亀田地域にある久蔵の墓所です。
増田体育館から広域農道フルーツラインを北上すると
車で3~4分ほどで左手に見えてきます。

センター内の資料館

ちなみに亀田地域センターには久蔵のほか、
郷土に貢献した人々の情報が満載の資料館があります。
亀田地域をよく知りたい場合には、ぜひセンターへ行ってみましょう。

この他にも……
DSC06770_野田さんの記念碑

地域教育に貢献した「野田喜右衛門」の碑(亀田地域・半助村)

藤原 DSC06731

秋田県南の「りんご王」と呼ばれた、藤原利三郎の碑(亀田地域・樋場)

DSC06955_稲荷神社 DSC06957_亀沢寿祈念碑

明治時代、地域の人材教育に貢献した
亀田小学校初代校長「亀沢寿(じゅ)」の記念碑。
(亀田地域・亀田「稲荷神社」境内)

DSC06960_亀田三十三観音

境内の奥にある「亀田三十三観音」など。
亀田の歴史スポットはまだまだ紹介しきれないほど、沢山あるんですよ。

今回ご紹介したものは、人物の記念碑が多かったのですが、中でも
「義人・久蔵」「藤原利三郎」「亀沢寿」の3人は、
旧亀田小学校の児童により演劇で演じられていました。
亀田の人々が、地域に貢献した人々を大事に語り継いできたことが伺えます。

今回ご紹介したスポットは、元気ムラ「亀田地域」ページのイラストマップに詳しく掲載していますので、ご覧ください!

亀田地域から広域連携推進員のリポートでした!

Author: | Category:10平鹿エリア, 亀田地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど