本文へスキップ

産地直送ブログ

元気な伏影人をインタビュー!

2013年5月22日

現在、鋭意取材を進めている北秋田市・伏影地域。

伏影風景

きれいな水を活かして、お米と「幻」と言われる伏影りんごが栽培されています。
伏影地域で、農業に取り組む元気なムラ人を取材してきました!

お一人目は、伊東孝夫さん。

伊東孝夫さん

上流に人家がなく、生活排水が一切入らない田んぼで育てた「阿仁清流米」生産グループの代表をされています。
山の上の方にある田んぼは水温が低いため収量は少なくなってしまうのですが、とてもおいしいお米になるそうです。

水路

伏影の水は本当にきれいです。

ジュース冷やし中

ひんや~り、天然の冷蔵庫でジュースも冷やせます!

田起こし

春の遅い伏影ですが、ようやく桜が咲き、田起こしが始まりました。
伊東孝夫さんはこれから農繁期、どんどん忙しくなります。
今年もおいしいお米がとれますように!

伊東郷美さん・誠子さんご夫妻

続いては、りんご農家の伊東郷美さん・誠子さんご夫妻です♪
山七果樹園をお二人で経営されています。
伏影は旧阿仁町唯一のりんごの里。
大玉で、甘くみずみずしいりんごが評判ですが、生産量が少なく、ほとんどが地元で消費されてきたため、「幻の伏影りんご」とも呼ばれています。

王林の花

りんごの花は…残念ながらまだ蕾でした(涙)

もうちょっと!で咲きそうな王林の花。
黄色いりんごなのに、花はきれいな赤なんですよ~。
逆に赤りんごのふじの花は白いそうです!面白いですね。

以前もご紹介しましたが、伊東さんご夫妻は100%自家製りんごで加工品を作ってます。

りんごジュース   焼きりんご缶詰

保存料が全く入っていない、こだわりのりんごジュースと、珍しい焼きりんごの缶詰です。
焼きりんごの缶詰は、どこか懐かしい甘さと香ばしさ、そして伏影りんごのおいしさがいっぱい詰まっています♪

りんご畑

公務員だった郷美さんが定年退職されるまでは、誠子さんが中心になってりんごを育ててきました。
今は、お二人で力を合わせてもっともっとおいしいりんご作りに取り組んでいます!
つがる、ふじ、王林など、35種類もの品種を育てている山七果樹園のりんごが収穫されるのは、早い品種で9月から。
「道の駅あに」などにも並ぶそうです。

【外部リンク】道の駅 あに

伏影 桜

収穫の秋が今から待ち遠しい、情報資源活用推進員がお届けしました!

Author: | Category:05北秋田エリア, 伏影地域


カレンダー
2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど