本文へスキップ

産地直送ブログ

子ども達のえびす俵 戸波神社祭典 ~本祭編~

2013年5月20日

5月5日は、戸波神社の祭典の本番、この日は神社での神事と……

えびす俵

児童団(PTA)の皆さんによるえびす俵奉納が行われました。

戸波神社

まず広域連携推進員が向かったのは戸波神社

仁王門

神社なんですが立派な仁王門が残り、別名の「薬師神社」からも
神仏習合のころを感じさせます。

注連縄交換

注連縄も交換し、祭典の準備が出来て、地域の皆さんが時折参拝に訪れます。
家の氏神様を境内に祀っている方も訪れていました。

ドジョウ!

お供え物で珍しいもの発見! これは、ドジョウですね。

カジカも!

さらに神事直前にカジカが追加!

ご神体

なんでも、社殿が火事になった時に、ご神体にカジカが張り付いてご神体を守ったそうです。
それ以来、お祭りの時に神前に供えるそうです。

神事

神事が滞りなく終わった後……。

支援員は戸波の会館へと向かいます。

準備中

こちらでは、子ども達がえびす俵の準備をしていました!

子ども達集合!

地域の小学生8人中6人が参加、
しかし、高学年がたった2人なので、

出発

会館の周囲だけ持って回り……

軽トラに……

残念ながらえびす俵を軽トラに積んでの巡行になります。

もらいます

家々では、お初穂やお菓子をいただきます。
集落の全戸を回りますが、これが大変!
不幸があった家などは回らないのですが、それでもざっと80軒以上!

回ってます。

子ども達をお父さんお母さん方が励まして回ります。

回ってます。

戸波地域は、大きく台地上の「上村(うえむら)」
川沿いの「川端(かわばた)」、そして台地の下の「下村(したむら)」の三つに分かれます。
えびす俵は上村~川端~下村~そして上村の順番で回ります。
途中で帰省していた子ども達もちょっとだけ参加してました。

氏神さま

この日はお祭りと言うことで、家々の氏神様も扉が開かれてお供え物が上がってました。
というわけで、集落をぐるーーーっとまわり……
会館に戻ってきました。ここから神社へと移動します。

登ります

戸波神社への急な階段は大人が担いで……

お参り中

無事奉納しました。
お参りして再び会館へと戻ります。

お楽しみ

ここからは子ども達のお楽しみ、頂いたお菓子を分配するのですが……

沢山もらいました。

なんとレジ袋3袋も! しかもパンパンになってます。

リンゴのつぼみ

(写真はリンゴのつぼみ)
お祭りが終わると、農作業も本格化、集落にとって忙しい日々が始まります。

戸波地域のGWの様子を、広域連携推進員がお届けしました!

Author: | Category:10平鹿エリア, 戸波地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど