本文へスキップ

産地直送ブログ

三ツ方森集落にNEW看板が登場!

2013年5月2日

三ッ方森の新看板
4月24日(水)、由利本荘市・三ツ方森集落に行くと、
綺麗な看板が出来上がっていました。
この看板の正体は……

入山する人へのお願い
山菜採りの入山者の皆様へ
“入山料”のお願いを記した看板でした!

看板設置 看板設置その2
看板設置その3 三ッ方森の幟

山菜採りシーズンを間近に控え、
集落2カ所にイラスト付きの看板が設置されました。
「根花の郷 三ツ方森」の幟もステキですね。
青空に黄色の幟がたなびき、爽快感満点です。

三ッ方森のワラビ

標高250mの山間にある三ツ方森は
太くて粘りのある良質なワラビが採れることから、
秋田県内はもちろん、宮城県など県外からも沢山の山菜採りファンが訪れます。

山菜の美味しさの秘密を握るのが“山焼き”です!

三ッ方森の大パノラマ

この広大な草地に火入れをすることで
灰が肥料となり良質な山菜が育ち、病害虫の防止にも役立っています。
2011年の山焼きは下記リンクから見ることができますよ。
→2011三ツ方森・山焼きリポート

三ツ方森の入山料は一人1000円。
支払いは集落内の5軒、どの家でもOKです。
1000円払えば山菜採り放題なんですが……

中には悪質な訪問者もいます。
料金を支払わず、断りなく山に入り、好きなだけ採っていく……
自分だけよければいい、という考え方はいただけません~!

2011年の山焼きの様子

1000円の入山料は「山焼き協力金」として、
山焼きの維持管理費に当てられています。

三ツ方森は5軒のため、山焼きの人手不足が懸念されていました。そこで15年ほど前から由利本荘市の「石沢川を探訪する会」と秋田県立大学の協力を得て、伝統の山焼きを継続してきているのです。

無断で山菜を採る人たちは、
おそらく、この辺りの事情を知らないんでしょうね……(残念)

三ッ方森の皆さん
入山者の皆さんが納めた協力金が良質なワラビを生む土台になり、
300年続く山焼きの伝統継承にもつながっています。

入山の際は、ステキな笑顔の三ツ方森の皆さんから
山菜採りのコツなど聞くのもおすすめです。
住民の皆さんと話していると三ツ方森のファンになること間違いなしですよ!

三ッ方森の福寿草

“極太”ワラビが生えてくるよう祈ります。
広域連携推進員がお届けしました!

Author: | Category:08由利エリア, 三ツ方森・大台地域


カレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど