本文へスキップ

産地直送ブログ

銀座のビルで大館市・山田の原木マイタケ栽培実験スタート!

2013年4月5日

大館市・山田部落会が取り組んでいる原木マイタケ栽培。
都心の一等地・東京都銀座での栽培実験が開始されました!

原木マイタケ

天然マイタケは見つけると「舞を舞うほどの喜び」があることからマイタケと名付けられたと言われています。
原木マイタケは天然ものに近い味わいがあると言われ、山田集落会では地域をあげて栽培やオーナー制度に取り組んでいます!

説明

3月21日、山田集落会の浅利会長をはじめ6名のメンバーが銀座を訪問しました。
今回の栽培実験はNPO法人「銀座ミツバチプロジェクト」の協力により実現したもので、今後2年間継続されます。

【外部リンク】銀座ミツバチプロジェクト

初対面となったこの日は、山田集落会と「銀座ミツバチプロジェクト」がそれぞれの取り組みについて話し合いました。
今後の栽培実験の進め方について意見を交わした後、プランターの設置場所となるビルの屋上へ向かいました。

ホダ木を入れます

「銀座ミツバチプロジェクト」が入居する11階建てのビルの屋上にプランターを2つ設置する計画です。
こちらの屋上にはミツバチの巣箱がいくつも設置され、「銀座ミツバチプロジェクト」のまさに心臓部!
屋上内を歩いて回り、山田集落会のメンバーが栽培に適した場所を探します。
屋上の中でも環境の異なる2ヶ所に、プランターを設置しました。

ホダ木

真っ白なマイタケ菌糸に覆われているのが山田集落会特製のホダ木です!
それぞれのプランターに集落から持ってきた土と、植菌して2年目となるホダ木7本を埋め込みます。

遮光ネットをつけます

遮光ネットで覆って完成です!
マイタケが顔を出すまでの間、土だけのプランターではちょっと寂しいので…

【山田の原木マイタケ看板】

元気ムラ支援室で、応援の看板を作りました!

山田のまいたけ

こちらは、山田地域の林で生えた立派な原木マイタケです。
銀座の屋上でも、山田集落会と「銀座ミツバチプロジェクト」の皆さんに見守られて立派なマイタケが収穫できますように!

マイタケはとても繊細で、温度や湿度、周囲の環境によって生えるかどうかが決まります。
山田地域では昨年(平成24年)に集落内でプランター栽培の実験が行われ、雨が当たり直射日光の当たらない場所に置くのが良いようだ、という感触を得ていました。
最も栽培に適している林地では、初年度の秋の発芽率はおよそ5割、2年目は9割程だということです。
今回は、山田地域とは全く環境の異なる首都圏での栽培です。
「銀座ミツバチプロジェクト」の皆さんに水やりや管理をお願いし、定期的に連絡を取り合うことにしました。

記念写真

「将来的には、ベランダで栽培できるセットを開発していきたい」と語る浅利会長。
銀座ミツバチプロジェクトの皆さんからは、機会があれば山田地域を訪問したいとの声が上がりました。

この実験を通して生まれた銀座と山田集落会との出会いが、息の長い交流へと繋がり、
いつか収穫したマイタケを囲んで「舞を舞う」ような楽しい収穫祭ができたら…と夢は大きく広がります!
マイタケが、「銀座ミツバチプロジェクト」の皆さんに見守られて無事に育っていきますように!

情報資源活用推進員がお届けしました。

【関連記事】
 山田の原木マイタケ

【産地直送ブログ】
・平成24年のマイタケ収穫のようすはこちら→大館市・山田集落でマイタケオーナーが収穫を楽しみました!
・平成24年のマイタケホダ木販売のようすはこちら→山田集落の原木マイタケ販売会

Author: | Category:05北秋田エリア, 2 GBビジネス, 7 集落間交流, 山田地域


カレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど