本文へスキップ

産地直送ブログ

神様がお酒を飲む、三ツ矢沢の山の神のお祭り

2013年3月15日

尾去沢鉱山の山陰にある鹿角市の三ツ矢沢地域。
そこの中新田集落では、今も林業が行われていますが
かつては鉱山町に売る炭焼きが盛んでした。

山の神のお祭り

そんな山の仕事の無事や繁盛を祈る「山の神のお祭り」が
2月10日、集落で行われました。
お酒を飲む神様(!)をご覧下さい。

集合

お祭りは、中新田集落の会館に集合するところからスタートです。

あの山へ

この日目指すのは、集落のすぐ裏にある山の中腹「山の神神社」です。

昔ながらのスタイル 背中には掛け軸

今回は取材もあるということで、昔ながらの格好で岩城会長が登場!
背中の風呂敷には掛け軸が入っています。

若者たちも

また、若い人たちも参加してくれました。
出発です!

女人禁制

鳥居から先は女人禁制が今でも守られています。
山の神様は女の神様なので、女性が入ると嫉妬してしまうと言われています。

急な登り!

山は急な登りですが、

見えてきました

お堂までは地元の方が踏み跡を付けてくれていたおかげで楽に登ることができました。
10分ぐらいで到着です。

巨大な岩が

ご神体があるお堂の奥には巨大な岩が!

祠が

こちらには祠がくりぬかれています。

小さな岩が

また、雪に埋もれていますが、お堂の側にも小さな岩が祀られているようです。

大山の神 お参り

ふもとから持ってきた「大山の神」と書かれた掛け軸を下げ、
お堂から出した燭台にロウソクを立てて、三カ所に皆で参拝します。

たくさんの札 この歯は…?

お堂の中には、棟札や奉納札が沢山掲げられており、江戸時代の年号が見えるものもあります。
草刈り器の歯がさげられていましたが、これは鐘の代わりに使っているそうです。

口に御神酒をあて……

神様に息を吹きかけないように、口に紙を咥えてご神体を出します。
ご神体は林業を司るため、斧を持っていますね。

お酒を飲ませます

なんと! 神様の口に御神酒を注ぎます。
このとき、神様の顔が赤くなると言われています。

魚とアメ

参拝が終わった後、お供えした魚とちょうど大館で開催されていた「アメッコ市」のアメを頂きました。
アメッコ市には、その日にアメを食べると風邪をひかないという言い伝えがあります。
ありがとうございます!

思い出話

ここで、集落の皆さんが、昔のお祭りの思い出話をしてくれました。
昔は、山の上で若い者が歌を歌わされたこと
校歌でも流行歌でもなんでも良かったそうです。

晴れた山

さらに、昔はこの後の直会(なおらい)のごちそうに山鳥を捕まえたそうです。
朝早くから中新田集落を挟むように両側の山に陣取り、脅かして鳥を反対の山へ飛ばし
また脅かして反対の山へ飛ばし、疲れ切って木の根元などに隠れた所を捕まえるという、
昔ながらの鉄砲も弓も使わない猟で捕まえたそうです。
若者達は木に登って鳥がどこへ飛んだのかしっかり見ていましたが、
見逃すとこっぴどく怒られたそうです。
しかし、鳥もさるもので、逃げ込んだはずの木の根元を探してもいっこうに見つからなく
仕方なく離れると鳥が飛び出して逃げられた……なんてこともあったと言います。

宿へ

思い出話に花を咲かせた後は、山を下りて「宿」の当番になっている家に向かいます。
かつては、ここで直会の宴会も開かれ、さらに宿泊までしたそうですが、

参拝

現在は負担を考えて先ほどの掛け軸を飾って改めて参拝するだけにして、
宴会自体は会館で行われています。

お母さん達の手料理!

また、会館ではこの日に合わせて総会も行われました。
その横では地域のお母さん達が腕をふるい、料理を作っています。

なめこ ぜんまい

かやき 漬物

左上からなめこの山かけ、ぜんまいの煮物に
左下が鳥のかやきに漬物等々……沢山の料理が用意されていました。

おいしそう!

たくさんの料理についての話を伺うこともできました。
中でも、お母さん方のお話で出た「フキを干した保存食」の話がとっても気になります。
今後も、三ツ矢沢について、沢山ご紹介したいと思います。

以上、広域的集落支援員がお届けしました!

Author: | Category:04鹿角エリア, 三ツ矢沢地域


カレンダー
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど