本文へスキップ

産地直送ブログ

鵜養「田んぼのすまこ」稲刈り体験が行われました!

2010年9月28日

9月26日(日)に秋田市鵜養地域で田んぼのすまこ」刈り取り体験が行われました。
コンバインで刈り取れない田んぼの隅の一角(秋田弁ですまこ、すまっこ、しまっこなどと言います)を使って
一般の方に刈り取り体験をしてもらいましょう!というものです。
当日は絶好の稲刈り日和!気持ちいいほどの秋晴れでした。

美しい稲穂にも勝るとも劣らない晴天です

 

今回参加したのは秋田市にお住まいの三家族。
佐藤金作さんの田んぼのすまっこを1時間半ほどかけて刈り取りました。

美しい稲穂にも勝るとも劣らない晴天です

 

 

 

村田さんご一家

村田さんママと娘さん村田さんご一家と佐藤金作さん

 「疲れました。昔は手で刈っていたなんて信じられない!」と語るのは、村田さんのご主人。
ご夫婦は北海道出身ですが、ご主人の転勤で仙台市から秋田市に越してきたそうです。
地元の北海道でも、秋田に来る前に住んでいた仙台でも田んぼを見る機会があまりなかったそうで、
秋田に越してきて初めて見た稲穂が垂れる風景に感動したといいます。

今回は「秋田に住むからには秋田でしかできないことを体験したい、それが娘さんの食育にもつながるはず!」と思い、参加したそうです。

県外出身の方が秋田に興味を持ってくれることは本当に嬉しいですね。
私たちが当たり前に感じている地域が持つ魅力……
県外の方にそれを気付かせてもらいました。

●  小柳さん一家

小柳さん親子小柳さん一家!素敵な笑顔をありがとうございます!

農家に憧れるという小柳さんのご主人。
豊作!豊作!」と言いながら、息子さんと仲良く楽しそうに刈っていました。
はじめはお父さんと一緒にやっていた息子さんですが、すぐに慣れてきた様子で
気が付くと一人でシュッ、シュッっと刈り取っていました。
農作業ができる男の子はカッコイイなぁ~!

 お母さんが子どもの頃、実家の目の前が田んぼで、よく田んぼで遊んだそうです。
自分が育った環境を子どもにも体験してもらいたいと話していました。

●  佐藤さん一家

小柳さんご一家佐藤さん親子

お母さんと娘さんは、娘さんが通う保育園の遠足で鵜養に来て以来、すっかり鵜養のファンになってしまったそうです。
佐藤さんご一家はなんと前日に他のイベントでも稲刈り体験をしてきたとか。
それが稲刈り初体験だったそうです。

「昨日も稲刈りしたなんて、体調は大丈夫ですか?疲れていませんか?」
と伺うと、
「昨日は疲れましたが、今日のためにしっかりと休息をとってきたので大丈夫です!」
と、気合十分のママ!!

 一度経験があっただけに、稲刈りのほうはすぐにコツをつかんだご様子。
しかし刈り取った稲を、束ねる作業が結構大変のよう。
 ママ「適当巻きです。先生、どうですか?」
金作さん「う~ん、まだまだだなァ。」

農作業は根気強く臨まないといけませんね。

 刈り取った稲はまとめて天日干しして終了です~。
稲を干す小柳くん天日干し 

 
皆さんはこの後地域散策をして、地域の方手作りの美味しいご飯や天然の川魚、新鮮なまいたけなどで昼食をとりました。

今回のイベントを主催した秋田市農林部農業農村振興課の斎藤さんは
「今後は地域あげてのイベントになるように、来年も継続していきたい」と話していました。

家族で農作業という貴重な思い出を作ってみてはどうでしょうか?
ぜひ来年の募集もチェックしてみてくださいね!

Author: | Category:07秋田エリア, 鵜養(うやしない)地域


カレンダー
2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど