本文へスキップ

産地直送ブログ

「三ツ方森茶屋」に元気ムラ集合!

2013年2月20日

「株式会社アイフィス」が元気ムラ・仙北市田沢地域訪問!の続きです♪

フネ

由利本荘市・三ツ方森(みつかたもり)は、豊富な山菜、そしてワラビ粉で作る「根花餅(ねばなもち)」が大注目されている地域です。
ワラビ餅に興味を持った横手市の金井神・上坂部(かないがみ・かみさかべ)地域の皆さん、上小阿仁村地域活性化応援隊のお2人、「株式会社アイフィス」の皆さんが大集合!

三ツ方森地域で豊富にとれるワラビ。
そのワラビの根を使って作られるのが「根花餅(ねばなもち)」です。
一般的にはワラビ餅と呼ばれています。

平成23年の三ツ方森で行われたワークショップの際に、猪股おスエさんが「もう一度根花餅を食べてみたい」とつぶやいたことがきっかけとなり、「根花餅再生・継承プロジェクト」が立ち上がりました。

国産本ワラビ粉100%使って作られるワラビ餅は弾力がありながらもサッと溶ける食感が魅力的。
他にも、ワラビ粉と餅米を混ぜてつきあげる「根花餅」もあります。
かつて、食糧不足の折にはご飯に混ぜて食べられた事もあり救荒食としての側面も持っていました。

おスエさん オサノさんの根花餅についてはこちら!

横手市の金井神・上坂部地域の皆さんも、かつてはワラビ根を掘って根花餅を作っていました。
残念ながら作り方が失われてしまい、今回三ツ方森で教わろうと、やる気満タンです!

三ツ方森1

三ツ方森3

三ツ方森地域の皆さんと、三ツ方森応援団の「石沢川を探訪する会」の皆さんが大集合です。

アイフィスの皆様

株式会社アイフィスの小原代表取締役、石渡さん、、小原さんです。

金井神・上坂部地域の皆さん

金井神・上坂部地域の皆さんです。
ちょっと緊張気味でしょうか!?

三ツ方森2

上小阿仁村地域活性化応援隊の桝本さん(左)、水原さん(中央)も駆けつけました!
三ツ方森町内会長の猪股保さん(右)が手にしているのが根花粉(ねばなこ)、ワラビからとれる貴重な本ワラビ粉です。
根花粉は白いほど、混ざり物が少なく上質の証。
これをお湯で練り上げるとワラビ餅ができあがります!

根花粉作る1

では、早速根花粉作りを体験しましょう!

わらび掘る

まず、ワラビ根の採取。

ワラビたたく

採れたワラビ根を、木槌で叩きます。
真っ白な中身と汁が出てきます。なかなか大変です…!がんばれ~!

フネ

これが「フネ」と呼ばれる、ワラビ根のデンプンを沈殿させて取り出す道具です。
かつてワラビ粉を作っていた集落はたくさんあったのですが、
道具や作り方が忘れられてしまったところも多く、現役のフネは貴重な「お宝」です。

フネに漉し入れる

では、叩いた根と汁を漉します。
汁の方にデンプンが含まれています。
時間がたつとフネの底に根花粉が沈殿します。

根花粉完成

乾燥させると、このように取り出せます。

おそば

石沢集落で作っているそば粉に、三ツ方森のワラビ粉をつなぎに使ったおそばです!
なんて贅沢な~!
地域のお宝同士が夢のコラボレーション!

昼食
それでは、たくさん動いてお腹もすきましたので…「いただきまーす!」

懇談

和気藹々と話に花が咲きます♪
とってもにぎやかです。

ワラビを活かした「根花餅」を通じて、新たな交流が生まれました!
三ツ方森の皆さん、貴重な体験をありがとうございました~

広域的集落支援員がお届けしました!

Author: | Category:01お知らせ, 02元気ムラ支援班から, 08由利エリア, 10平鹿エリア, 2 GBビジネス, 7 集落間交流, 三ツ方森地域, 保呂羽(ほろわ)地域, 八木沢地域


カレンダー
2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど