本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 鹿角市・甚兵エ川原(じんべえかわら)のお宝! 馬子平(まごだい)の井戸

鹿角市・甚兵エ川原(じんべえかわら)のお宝! 馬子平(まごだい)の井戸

2012年12月26日

鹿角市・甚兵エ川原の馬子平(まごだい)は、かつては「甜菜(てんさい、ビート)」を栽培していた台地です。

馬子平の井戸

ここにあるのがワークショップで度々話題になる湧水「馬子平の井戸」もあるのです。
今回、取材班はこの井戸を取材すべく、甚兵エ川原へと向かいましたっ!
最後にちょっとだけ小坂町・鴇(ときと)の看板をご紹介します!

本格的な雪が降る前に! と11月末に向かったのですが……

もうすぐ出発

雪は降っていましたがぎりぎり間に合ったようです!

今回案内して下さるのは、甚兵エ川原自治会長の田原(たわら)さんです。

入り口なんですが…

まず最初に向かったのは、鹿倉崎グラウンドと鹿角広域行政組合環境衛生センターのちょうど境目辺り、
昔の馬子平らの登り口があった辺りです。
現在は使用されておらず、徒歩でようやく登れる感じのようです。
馬子平から引かれた水を水道として使っていたときには、この辺りから余った水を流していました。

作業中です。

それでは登っていきましょう!
現在馬子平へと向かうには一旦南へ下り、川原集落を抜けて登っていきます。

※途中は林道となっており、作業に伴い立ち入り禁止などが行われます。
今回は、特別に地元の協力と許可を得て取材させて頂きました。
悪路及び危険な作業が行われていることがあります。
安全のため、立ち入らないようにお願いいたします。

稜線を越えました。

さて、車を降りて登っていくと、山の稜線を越えましたよ~
ここが、鹿角市と小坂町の境界線です。

赤テープ

現在は伐採作業中のため、赤テープで境界がわかりやすくなってますね。
写真右が鹿角市、左が小坂町です。
実は馬子平は小坂町にある台地だったんですね。

林が続く

現在は広大な土地に植樹が行われ、整然とした杉林になっています。

到着!

井戸に到着しました!
付近は松の林になっています。

馬子平の井戸 馬子平の井戸水

かつてはここにタンクや貯水池が作られ、地域の水がめとして使われてきました。
水は今も流れ出ています。
渇水の時にも枯れない水として、貴重な水源として大事にされてきました。

駒形神社

続いて、駒形神社を参拝。
昔は馬を使って先ほど見た鹿倉崎グラウンドの側に降りてきていました。
農耕・輸送と大事な戦力になってくれる馬を守ってくれるようにと駒形神社を建てたのかも知れません。

市役所の皆さん

ここで現在は無人のはずの馬子平で人の声が!
なんと鹿角市役所の皆さんも駆けつけてくれました!
先ほど登れなかった鹿倉崎グラウンドへの道を少しだけ下ってみました!
この先に上流からの水を一旦貯めるタンクがあったそうです。
ここから各家庭へと流れていったんですね。

貴重な「お宝」を見せて頂いた日でした!

-ここから小坂町・鴇(ときと)の看板紹介です!-

実は今年、元気ムラ応援サイトのイラストマップデータを元に
鴇のぶどう園を詳しく紹介した看板が出来ました!

鴇地区ブドウの里鉱山遺跡マップ

こちらです!

ここです。

樹海ラインからアカシア大橋を渡って、鴇地域への曲がり口へ設置されています。
ブドウ狩りの時期には是非活用して下さい!

Author: | Category:04鹿角エリア, 甚兵エ川原地域, 鴇(ときと)地域


カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど