本文へスキップ

産地直送ブログ

横手市・三又地域でイワナと手打ち蕎麦を満喫!!!

2012年9月12日

三又渓流祭り (5)

外で食べるイワナの塩焼きは美味しい!
8月14日、取材班は横手市の三又地域を訪れました。

8月14日、横手市山内の三又地域に行ってきました。
毎年、この時期になると三又で「渓流まつり(主催:麓友会」を親水公園ゆったり村で行っています。三又名物イワナのつかみ取りや水車小屋で引いた蕎麦が食べられるなど、毎年、帰省客を中心に賑わうイベントです。
今年は残念ながら前日の大雨による河川増水のため中止となってしまいました。この日は天候は晴れたのですが、河川の水量が多く、イワナのつかみ取りは難しいようです。「イベントを初めてから中止したのは初めてかもしれない」と麓友会のメンバーも残念がっていました。
しかし!見てください!この活きのいいイワナ!
おなじみ三つ又温泉で養殖しているイワナです。
イワナのつかみ取りはできませんでしたが、
イワナを買いにきたお客さんもいます。
取材班はイワナのはらわたを取ったことが無かったので
麓友会のみなさんに教えてもらいながら
イワナ焼きにチャレンジしました!
美味しく焼けたかな~?
また、麓友会の高橋幸村さんの冷やかけ「十割蕎麦」も
食べさせてもらえました。(幸村さんは三つ又温泉で手打ち蕎麦もやっています)
コシが効いてて美味しい!
後かたづけをしながら、イワナ、お蕎麦を食べつつ麓友会のみなさんから三又の話を聞かせてもらうことができました。この親水公園は、元は田圃だったそうです。U字カーブのように曲がった川、そして上を見上げるとまるで山をくり貫いたかのような空間に青空が広がっています。
現在の親水公園にかかる橋を作った時の笑い話などを聞いていると、「下夕村基作さんはお祭り好きでな」と麓友会のみなさんが話し始めました。麓友会の中心となっていた基作さんの話しをするは本当に嬉しそうな表情をしています。
イワナ、山内十割蕎麦をいただきながら、三又のお話しもたっぷり聞けて、三又を堪能してきた取材班でした。

いつもはこの通り

毎年、三又では水車小屋のある親水公園で 「渓流まつり」(主催:麓友会)が行われています。名物のイワナのつかみ取り体験や水車小屋で挽いた蕎麦が食べられるなど、帰省客を中心に賑わうイベントです。

三又の渓流まつり

今年は残念ながら前日の大雨による河川増水のため中止となってしまいました……
当日は天候に恵まれましたが、河川の水量が多く、イワナのつかみ取りは難しいようです。
「イベントを始めてから中止したのは初めてかもしれない」と
麓友会の皆さんも残念がっていました。

DSC01456 三又渓流祭りの様子

でも見てください!この活きのいいイワナ!
三ツ又温泉で養殖しているイワナです。
つかみ取り体験はできませんでしたが、イワナを買いにきたお客さんもいました。

三又渓流祭り (1) 三又渓流祭り (4)

取材班はイワナのはらわたを取ったことが無かったので
麓友会のみなさんに作業の仕方を教えてもらい、さらにイワナ焼きにチャレンジしました!
美味しく焼けたかな~?

三又渓流祭り (2)

また、麓友会の高橋幸村さんの冷やかけ「十割蕎麦」もご馳走になりました。
幸村さんは三ツ又温泉で手打ち蕎麦もやっているんです。
コシが強くて食べ応えあります!美味しい~!

イワナとお蕎麦をいただきながら、
麓友会のみなさんから三又の話を聞かせてもらうことができました。

三又渓流祭り (6)

この親水公園の場所には、田んぼがあったといいます。
U字カーブのように曲がった川が独特で、さらに上を見上げると
山をくり貫いたかのような不思議な空間に青空が広がっていました。

三又渓流祭り (7) DSC01474

現在の親水公園にかかる橋を作った時の笑い話などを聞いていると、
麓友会の皆さんが 「下タ村基作(したむら・きさく)さんはお祭り好きでな」と話し始めました。
麓友会の中心メンバーだった基作さんの話をする時、皆さん本当に嬉しそうな表情をしているんです。

下タ村基作さんのお話については、次の三又の記事に詳しく紹介していますのでご覧ください!
麓友会麓友会の活動

DSC01461

イワナや十割蕎麦をいただきながら、三又のお話しもたっぷり聞けて、
三又を堪能してきた取材班でした。

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど