本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 國學院大學の空手道部のみなさんが、大館市・山田で合宿を行いました!

國學院大學の空手道部のみなさんが、大館市・山田で合宿を行いました!

2012年9月5日

渋谷にある國學院大學の空手道部の皆さん、毎年夏には長期の合宿を行っていますが……。

集合!

今年は移住・交流推進機構(JOIN)さんの仲介によって、大館市への合宿が決まり、
山田集落を中心に8月3日から9日まで合宿しました。期間中の8月6日には地元の皆さん、市役所の皆さんが「まるごと体験プラン」を準備して下さり、大館市を満喫下の地、5班に分かれ市内各集落での民泊も行いました!

JOINは、「自治体と企業(団体)が中心となり、力を合わせて、地方への移住や交流希望者へのニーズに合った情報提供、地域活性化のサービスを提供して日本を元気にする」(JOIN ニッポン移住・交流ナビより)ために設立された団体です!

移住・交流に関する情報提供(全国の空き家バンク、移住の事例紹介など)だけでなく、
地域おこし協力隊事務局なども行っています!

それでは、前半は大館市・越山地域おこし協力隊の小野崎さんの
撮影してくれた写真を交えながらご紹介します!

練習中!

そのJOINの協力で訪れた國學院大學空手道部のみなさんは、
國學院大學体育連合会に所属する伝統ある「体育会系」の部活。
部員21名、力と技だけではなく、礼儀も重んじる部活動です。

029

練習会場は、山田地域にある旧山田小学校の体育館を使用しています。

新入生が本格的な指導を受けるのが合宿からということで、連日厳しい練習が続きます。
そんな合宿の中日、8月6日に「まるごと体験プラン」として、山田地域、越山地域を中心とした
大館市内をまるごと体験しました!

秋田犬と対面! 説明中

この日、部員の皆さんはハチ公の生家で秋田犬と対面後
渋谷つながりで「ハチ公像」のある大館駅へと向かいました。
学生さんの一言
「なんで渋谷のハチ公像が大館駅にあるかと思ったら、
大館市出身と知ってびっくりしました」
……むむむ。

日景温泉

ここで大館名物「鳥めし」を買って、向かうは青森との県境「矢立峠」です!
峠付近の「日景温泉」で、山歩き組と温泉組に分かれて楽しんだ後は、
温まった体を一気に冷やす「長走風穴(ながばしりふうけつ)」へと向かいました!

~ここまで小野崎さんの写真を使わせて頂きました! ありがとうございます!~

長走風穴は、国道七号線沿い、矢立峠と大館市中心部のほぼ真ん中辺りにあります。
ここ、何が凄いかというと……?

長走風穴 3号倉庫

この霧! 特殊効果でも何でもなく、この倉庫跡から出ているのです。
付近は、地表から夏は冷気、冬は温風が吹き出す「風穴」となっていて
冷蔵庫が普及する前はこの辺り一帯を倉庫として活用していました。
この日の気温もかなりのものでしたが、辺りはひんやりと天然のクーラーが効いていました!

五色湖

こうして長走風穴を後にした一行が向かったのは……越山地域の山瀬ダム、五色湖です。

お昼! 鶏めし

五色湖ロッジの裏にある公園でお昼ですよー。
お昼は先ほど買った「鶏めし」! みなさんの評判は上々でした!
「駅弁フェアで食べたことあります!」という声も。さすが全国区の駅弁です。

湖面へダッシュ! 競争中!

そして五色湖でのボート遊び! 湖面へとダッシュです!
橋脚までのスピードを競いました!

糸滝

川遊び!

続いて糸滝まで移動して、今度は川遊び!

受け入れ先へ

大館の「自然」を満喫した後は、山田にもどってから
各受け入れ先の家庭での「食」の体験です!

今回は山田の受け入れ家庭へとお邪魔しました!
まずは味噌付けたんぽの制作です。

点火!

皆、「きりたんぽ焼き機」にびっくり。
比内大葛でもそうでしたが、この辺りでは割と持ってる家が多いんですよね!

ご飯をつぶします! こねこね

米も味噌も自家製と聞いて二度びっくりの学生の皆さん。
お米をすりつぶしていきます。お餅みたいにならないように粒を残して
……とはいいますがコレが難しい!

焼いてます!

焼き上げは炭火を使って本格的に、

さらに焼いて!

そこに特製味噌を付けて炙れば完成です!

食べます! 食べます!

もりもり食べてました!
四本も食べた猛者(!)も!

さて、この後は家の中に移動してきりたんぽ鍋です……が

きりたんぽ!

実はこの直前ににわか雨がありまして……。
着替えが少なかったこの日の学生さん達……。

お…おう。

この状態でのきりたんぽ鍋と相成りましたっ!

きりたんぽ

きりたんぽ鍋は、比内地鶏の出汁を使って、比内地鶏の肉、
そして山田のセリを使った超豪華版!

料亭並の食材ですよコレ……。

山菜の煮物 長いも

それに、地元の食材を使った煮物に長いも

特製キムチ

さらに越山の地域おこし協力隊の小野崎さん特製のキムチも!

鶏だし!

きりたんぽ鍋は上品な味付けで、出汁をしっかりきかせた薄味なんですが……。
濃厚な比内地鶏の風味が口いっぱいに広がり、セリやマイタケの風味がそれを引き立たせます。
んまい!

ポーズ!

ワイルドです。

このとき、部長の小島さんに、今回の合宿の目的を聞きました。
空手道部は、空手を通して人間としての深み、社会に通用する人間を育てるという理念を持っています。
この合宿から、お客さん扱いされていた1年生にも厳しい指導が入ります。
厳しい合宿の中で、人間的にすでに彼ら1年生も変わってきているといいます。
ゆるい同好会もある中、あえて「部活動」に入ったからには、厳しくしなければ意味が無いと話してくれました。

また、そうした厳しい稽古だけではなく、大館市の地域おこしに触れることで
すべてが勉強になります。
自由な大館市の環境で人間として強くなって欲しい、と小島さんは話します。

安部さん

その話の通り、きりたんぽ鍋を囲み、山田の安部貞栄さんの話をじっと聞きます。
「田舎には田舎の暮らしがある。必ずしも東京のまねをする必要はない!」
「黙って死ぬより、動いて死ぬ」
など、地域おこしの取り組みをずーっと語らっていました。

この後、彼らは民泊先で一夜を過ごし、後半の過酷な合宿へと戻りました。

~ここから再び地域おこし協力隊の小野崎さんの写真を使わせて頂きます~

稽古中!

8月の大会に向けて、合宿後半もさらに厳しい練習が続きました!

お話中

8月8日には、お別れ会も行われ、地域の皆さんとの別れを惜しみました。

来年も是非来てくださいね!

Author: | Category:05北秋田エリア, 7 地域間交流, 山田地域, 越山地域


カレンダー
2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど