本文へスキップ

産地直送ブログ

大仙市協和・下淀川西の梵天を引き続きレポートします!

2012年9月24日

大仙市の下淀川にある西(にし)集落、前回に引き続き梵天(ぼんでん)づくりの様子をお伝えします。

引き継がれる伝統

今回は子ども梵天に布をかぶせるのと、全体的な飾り付けがメインです!

って、おおおおおお! 大人用の梵天がっ!

DSC_0192

頭の部分がすっかりできあがってますっ!
五色の御幣(ごへい)が巻き付けられて一気に梵天らしくなりました!

ばっちり

頭の赤い部分もしっかり固定されて良い感じです。

おばあちゃん参加!

そして今日はなんとおばあちゃん達も参戦!
「今日は自分たちから手伝いに来たんだよ~」と話してくれました。
活動が少しずつ広がってきたのが感じられます!

縫ってます

おばあちゃん達はさすがに手慣れた様子で飾りを作っていました。

教えてます

作業の合間に、昔の話もしてくれました。
祭りの時に着る「半纏(はんてん)」は、自分たちで作っていたそうです。
当時は、梵天の飾りに使う布と一緒の物を使ったと話してくれました。

DSC01219

また、昔の梵天歌を書き起こした物を持ってきてくれました!
「かんなぎ(かなき)梵天ダヨー」という歌詞がこの地域の特徴なんだそうです。
他の地域では「祝い」というところを「かんなぎ」と言います。

木札

そのほかにも、今は奉納の板だけですが、昔は手に持つタイプの木札を互いに打ち付けあったこと、

飾り

梵天の飾りをお守りにしたことや風邪を引かないようにと「どんぶぐ(丹前、綿入れの防寒着)」に
その飾りを縫い付けたことなど
お二人のおばあちゃんからたくさんのお話をいただきました。

飾り付け2

さて、梵天づくりですが、いよいよ飾り付けです。
三角の飾り、星の飾りを付けていきます!

巻いてます

このパイプをはちまきにするアイディア、いいですね!
梵天に巻かれるとそれっぽく見えそうです。

いよいよ、梵天らしくなってきましたっ!

布 子ども梵天

子ども梵天の布も縫い上がり、完成が見えてきましたよ-!

下淀川西の梵天は、8月14日(火)奉納されました!
次回はその様子をレポートしたいと思います!

Author: | Category:09仙北エリア, 下淀川西地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど