本文へスキップ

産地直送ブログ

「根子番楽まつり」(その2)郷土料理をレポート。

2012年6月25日

 根子(ねっこ)番楽が終わってから、徒歩6分ほどの昼食会場(児童館)へ急ぎます。

 集落の道を通って行くと、沿道や家々の庭には芝桜や水仙などの花々が咲き、田植えが終わった田んぼが広がります。

 家の敷地に、山菜のアイコや山椒の木があるのも根子らしいと思いました。

5-花107 5-花109

 ほんとに自然にあふれています。野菜畑の右の写真はトウモロコシの苗でしょうか?
5-花120 5野菜-110

 少し歩いて児童館に。きれいな建物です。

2-児童館-123

 大勢の人が食卓に着いている会場に入り、空いている席へ。隣の人と話すとどこか聞き慣れた声だと思ったら、テレビでおなじみの、あゆかわのぼるさんでした。

 郷土料理は、ムラのページにも出ていた、「すやっこ」(写真右下)「ナッツ」(写真中央上)のほかワラビ、おでんなどです。

7-料理126

 「すやっこ」は、新鮮野菜のくるみ酢和えとなっています。一見すると白っぽく、”ヨーグルト和え”みたいな感じですが、ほんのりと甘く、喉越しが良かったです。
 作り方などは「すやっこ」の記事にありますが、豆腐、くるみ、大根、にんじん、キュウリ、キクラゲ、栗と豊富な素材を入れた”デザート”です。長期保存にも適しています。

 一方の「ナッツ」ですが、細かく刻んだ食材が盛ってあり、健康食という感じです。
 これも「ナッツ」の記事に詳しく説明されています。
 キノコ、しその葉、山菜のミズのコブ、南蛮としょうがを細かく刻んで味付けしています。

 ほかに、おでんも、具材が適度な大きさで、味付けも素晴らしいものでした。
 また、ご飯のお代わりとして、「古代米」を頂きました。赤飯のような色合いで、モチ米のような食感がありました。

 これらの料理の多くは、地元でとれる食材を使っているので安心ですし、繊維質やビタミンが多く体が爽快になる気がします。

 多くの人が談笑して交流を深めています。親子連れの家族もちらほら見られました。

7-料理会場131

 外に出ると、田んぼのすぐ近くに集落があるのが分かります。心温まる、懐かしい光景でした。

6-風景111 6-風景113

 歩みを進めていくと、参加者の方が道路を指さしています。行ってみると、マンホールの蓋のデザインが「根子番楽」の絵でした。根子らしいです。

2-マンホール-118

 そして、木にも花が咲き、きれいな川が流れています。

2-木の花-172 2-川-122

 心温まる、懐かしい光景でした。

 ●元気ムラの「根子」集落のサイトはこちら

Author: | Category:05北秋田エリア, 根子(ねっこ)地域


カレンダー
2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど