本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 内川地域4集落が一同に!早苗振り(さなぶり)グラウンドゴルフ大会!

内川地域4集落が一同に!早苗振り(さなぶり)グラウンドゴルフ大会!

2012年6月22日

6月3日、内川地域の多目的グラウンドで「早苗振りグラウンドゴルフ大会」が行われました!

内川グラウンドゴルフ大会

秋田県内の田植えはほとんど落ち着き、いよいよ秋田も夏ですね!

「内川総合生きがいセンター」として活用されている、135年の歴史がある旧内川小学校。
その近くの坂を上っていくと、右手に体育館とグラウンドが見えてきます。
そのグラウンドに、芝生が敷かれるなどの整備が行われ、6月3日に初のお披露目となりました。
前日には内川地域の方々によって、グラウンドの芝刈りなどの整備が行われました。

ゴルフ大会には内川地域の方々80人が参加し、五城目町の渡邉彦兵衛町長と、
湯ノ又集落出身の議員、畑澤洋子さんが訪れました。

五城目町町長 渡邉彦兵衛さん 畑澤洋子さん

「さなぶり運動会」は旧内川小学校や旧浅見内小学校など、
学区の小学校に合わせて行われていたもので、
4集落が合同で行うのは今回のゴルフ大会が初めてです。

この日は、オープニングに「内川こどもささら」も披露されました!

内川こどもささら 内川こどもささら

内川こどもささら 内川こどもささら

「内川こどもささら」はこのあと、五城目町イオンで行われていたイベントでも披露されましたよ~!

グラウンドゴルフ大会の優勝賞品は、なんとカラーテレビ!!
男女各一人にもらえるチャンスがあり、地域のお母さんは「カラーテレビもらいます!」とやる気満々!
打数が一番少ない方が優勝となります!

いよいよスタート!

6~7人、12グループに分かれて、いよいよグラウンドゴルフ開始です!
ボールが側溝に入ったり、グラウンドを二つに分けているテープを出たりすると
1打プラスされるルールで一斉にスタートしました。

思いっきり! 打ち込みます!

ゴールまでの距離が長いので、最初の一打は皆さん思いっきり打ち込んでいました。

ゴルフ大会 ゴルフ大会

そのあとはテクニックの見せ所!

集計

それぞれのグループで集計し、あとでまとめて順位を決めます。

以前のグラウンドはでこぼこしてゴルフがしづらかったそうですが、
「芝生が敷かれたグラウンドはゴルフがしやすくなった」と地域の方が話していました。
「もうちょっと短く刈れば良かったなぁ」との声も。

木陰で休憩

この日は晴天に恵まれたので、木陰で休憩を取ります。

ブランコで

ブランコでも休憩中。
こういう風景、良いですよね~。

プレイが終わると、個人個人の合計をグループごとに出し、順位が出されます。

笑い声が弾む

お母さんたちの点数が一緒だったグループもあったりして、笑い声が弾みます。

今回の賞品は優勝者へのカラーテレビのほか、扇風機、十六茶1ケース、BOXティッシュ5個入りなど
豪華賞品がそれぞれ贈られました!参加賞では、全員に洗濯洗剤がプレゼントされました。

重た~い賞品

内川地域の佐藤廣勝会長は、賞品をそれぞれの方に「重いぞ重いぞ~、ほ~ら重い!」と
笑いながら手渡ししていました。

佐藤廣勝会長

廣勝会長は「わきあいあいと終われて良かったと思います。
お互いの健康を確かめあいながら、こういった機会を大切にしていきたいです」と話しました。

笑顔がいっぱいのグラウンドゴルフ大会でした!

ゴルフ大会 ゴルフ大会

イエイ! 見事、勝ち取りました!

そして、グラウンドゴルフ大会が終わったあと、内川浅見内集落の谷地田(やちた)で、
数年ぶりに「さなぶり」が行われましたよ~!

浅見内・谷地田(やちた)のさなぶり

乾杯!  乾杯~!

浅見内町内会長、工藤奏也さんの自宅の庭先に16人が集まりました。
ブルーシートが敷かれ、お母さんたちが持ち寄った料理が並びます。

だまこ鍋 ミズとキュウリの漬け物

フキの煮付け ばったら焼き

五城目町名物の「だまこ鍋」や「ばったら焼き」、ミズとキュウリの漬け物にフキの煮付け。
だまこ鍋は、十和田の山から採ってきた新鮮なタケノコのシャキシャキとした食感と
朝から準備していたという「だまこ餅」のモチモチが美味しい!
煮付けや様々な料理が上手だとお母さんたちが推す、猿田貞子さんが作ったフキの煮付けは、
甘く佃煮のようにして作られ、ショウガの香りが上品な一品でした!

会社勤めの方がたくさんいることもあって、話す機会が無く、
顔も見なくなってしまった人もいる中、こうしてお酒を飲みながら
料理を食べて、話しをする機会ができて楽しい、と地元のお母さんは話します。
料理を持ち寄って「美味しい」と言いながら話すのは、昔からの風習です。

お酒を飲みながら 話は尽きることがありません

「さなぶり」に上った話は、やっぱり集落のことです。
浅見内集落内にあるお地蔵様は、天保の大飢饉に亡くなった方々の供養のため
当時集落に住んでいた尼さんが、集落のお金持ちに頼んで作った物であるという話や、
こざき(くず米)を使って作るお餅「しだもち」など、
浅見内集落に関する話は尽きることがありませんでした。

「秋にもまた鍋っこやるべ!」と皆さんで笑顔。

秋の宴会のことを、さなぶりに対して「庭洗い(にわあらい)」と言います。
庭は、昔の家の中にあった作業場、「土場(どば)」のことを言い、
「稲こき」などで汚れた庭を掃除することを表しています。

最後に、湯の越山をバックに皆さんで記念写真をパチリ!

「さなぶり」記念写真

「内川こどもささら」に、地域の皆さんの笑顔と料理、
まさに「内川を満喫」できた初夏のリポートでした!

Author: | Category:07秋田エリア, 内川地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど