本文へスキップ

産地直送ブログ

戦国期から伝わる迎え盆行事・中野七夕をご存じですか?

2010年8月18日

中野七夕04

大館市にやってきた取材チームですが、あれ?竿燈?確か8月上旬に終わったはず…???
よ~く見ると…提灯ではなく絵灯篭!

そう、これは竿燈ではなく大館市比内町・中野地域に伝わる「中野七夕」。
お盆真っただ中の8月13日、この伝統行事を見に中野地域にお邪魔してきました~!

中野七夕の絵灯篭01中野七夕の絵灯篭02

中野七夕の絵灯篭03中野七夕の絵灯篭04

竿燈の提灯はみな同じ絵柄ですが、中野七夕の絵灯篭はぜ~んぶ違うんです。
子供たちが描いた力作揃いの絵灯篭は、アニメのキャラクターから比内町のマスコット「まねきどり」まで様々。木の枠で作られた絵灯篭は全国的にも珍しく、「町内安全」「火の用心」「家内安全」と願い事が書かれた絵灯篭は七夕の風情を出していて、中野地域の独自性が現れている伝統行事だと分ります。

中野七夕03中野七夕の大太鼓
移動の様子移動の様子02

中野七夕はは戦国時代、比内一帯を治めていた浅利勝頼が中野城を築いた頃から始まったと言われています。しなりの利いた鉢で大太鼓の音を集落に響きわたらせながら、絵灯篭と共に練り歩きます。子供たち楽しそう!
昭和10年代に一度途絶えた中野七夕ですが、地元の若者たちにより昭和52年に見事復活。
その後、現在の中野七夕保存会が活動を継承し現在まで伝えられてきました。

夕暮れ時の七夕の様子灯籠に火をともす

中野七夕は五穀豊穣を願う伝統行事。
夜空に浮かび上がる絵灯篭と、賑やかな人々の姿を見れば、
盆に戻ってくるご先祖様たちも、自分達も行ってきた七夕が続いている姿に
ほっとするのではないでしょうか?

中野町内会長さんと中野七夕保存会会長さん

お祭りの最後は、中野七夕保存会の会長さんと中野町内会長さんの「今後も七夕を続けていきたい!」という挨拶で締めくくられました。中野町内会は、2010年度・秋田県“元気なムラづくりチャレンジ事業”の支援団体に採択されています。

IMG_1654

今年は小学生から大学生まで多くの若者が参加し、中野のメインストリートは人であふれ返りました。8月15日には途絶えていた盆踊りも復活。
2010年の夏は、中野集落にとって新たなチャレンジの夏となりそうです。
元気あふれる中野集落からの報告でした!

Author: | Category:05北秋田エリア, 中野地域


カレンダー
2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど