本文へスキップ

産地直送ブログ

若畑集落の手作り看板・御披露目会!

2012年4月5日

完成した看板と一緒に

湯沢市・若畑に新たな名所の予感!
若畑のみなさんによる“手作り”看板のお披露目が行われましたよ~


若畑の道 冬の兜館

若畑集落では、秋田県のミニチャレンジ事業を利用して、
集落の案内看板の制作に取り組んでいます。
この日は、完成のお披露目会があるということで、若畑地域の兜館を訪れました。
豪雪地帯の若畑の雪は、まだまだ残っています。
白い雪景色の中、灯りのともる兜館に入ると……

完成した看板

想像以上の看板が出来あがってました!

完成した看板その2

冒頭の写真で、看板の大きさがおわかりになりますか?
大きな看板だけでなく、奥宮山登山道に設置する、小さな案内看板もこの通り!
杉、ホオノキ、ナラ、栗、ケヤキの木々を使っています。
これらの看板は、全部、若畑のみなさんによる「手作り」のもの。

看板の材料の組み立てを、知り合いの大工さんにやってもらった以外は、
ぜ~んぶ、「自分」たちで考え、絵が文字も自分たちで描いて作りました。
塗装や製材のプロの方もいらっしゃるので、
住民の持ち味を活かして出来た看板です。

若畑の勉強会 (1)

看板を見せてもらったあと、秋田県と湯沢市役所の担当者を交えて意見交換が行われました。
昨年の「若畑紅葉まつり」で一緒に行われた「ジオサイトツアー」の際、
「奥宮山の看板があるといいな」という声が上がったそうです。

若畑の勉強会

「たくさんの人に、この若畑に来て欲しい」という住民の思いもあり、
ミニチャレンジ事業を利用して、看板制作に取り組みました。
制作に携わったのは、若畑の住民はもちろん、
集落外に住む家族も参加しています。

最初は、どんな形になるか不安だったと話すみなさんですが、
制作していくうちに、どんどん自信がついてきたと話します。

手作りの看板

字も綺麗だし、とっても味のある看板だと思いませんか?
紙の看板は、何度か作ったけど、「木」の看板は意外性があり、面白かったと言います。
完成した時の達成感は、凄かったそうです!

兜館の中 佐藤部落長

わた(私たち)で、出来ることをやる
ここ(若畑)を残していくんだ」と話す、若畑部落長の佐藤秀男さん。
兜館の中には、住民一人一人の写真が飾られていました。

戸数10戸の小さな若畑集落ですが、「大きなまとまり」を発揮します。
東京麻布で、みそ焼きたんぽを販売する際、
若畑出身のゆかりの人々が、お手伝いにきてくれるそうです。

若畑のおもてなし (1) 若畑のおもてなし

報告会の合間に、登場した佐藤栄一さんお手製の「いぶりだいこん」と茄子のお漬物、
右の写真は、昼間に兜館に集まっている女性陣が、
この夜の打ち合わせのために作ってくれていたも。

若畑のおもてなし (2)

若畑もち(かゆもち)」も、若畑のおばあちゃんが作っています。
一見、堅そうに見えますが、とってもサクサクした食感で食べやすいお菓子です。
今回、制作した看板にも、ちゃ~んと書かれてますよ。
このお菓子を食べたい人は、10月第二日曜に行われる「若畑紅葉まつり」が絶好のチャンスですよ。

冬の桜坂 (1)

同じく、看板に記載されている「桜坂」からの眺め。
雪深くとも、透き通るようなこの景色は、もっとたくさんの人に見てもらいたい
若畑のお宝の一つです。

冬の桜坂

看板の設置は、雪解けを待ってからになります。
今から楽しみです!

寒くてもあったかい!湯沢市・若畑からのリポートでした!

Author: | Category:11雄勝エリア, 若畑地域


カレンダー
2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど