本文へスキップ

産地直送ブログ

白岩「白岩城址燈火祭」が今年も行われました!

2012年2月16日

毎年2月に行われている燈火祭!
今年も2月11日に、今回は国際教養大学のみなさんが民泊しながら参加してます!

白岩燈火祭

打ち合わせ中 炭俵

朝、会館に人が集まり、まずは打ち合わせ。
火振りかまくらの炭俵も準備されていますが、コレはあの「北部川崎」で作られたもの
なんかこうして繋がってるのがいいですね。

テントたて 会場整備中

会場の準備は、テント立てから。
機械も使ってバンバン雪をならしていきます。

曇り 晴れっ!

この日は晴れたり曇ったり吹雪いたり……。白岩城址がある館山の表情も次々変わっていきます。
日が当たるとあったかいのですが、それでも寒い中みなさんがんばります。
山では、登山道に燈火を灯すための準備が行われています。

制作中

昼休みには、大学生たちが英語で横断幕作成。

横断幕

「すべての夢に光がある。私たちの未来を照らす」良い言葉!

出発!

お昼が終わったら、ペットボトルで作った灯籠を白岩中に置きに行きます。

奮闘中

三班に分かれて、次々と置いていきます。
と、簡単に書いてますが、この日の角館の最高気温は-2.2℃。
寒いとか何とかより風が痛い。
地元の方たちはもちろん、学生さんもホントがんばってます。

消防団準備中

そして、火を使うので消防団のみなさんも準備です。

会場準備中 点火!

会場もだんだん準備が整ってきたところで、いよいよ灯籠に明かりをつけて回ります。

点火2! 光の道が

町が幻想的に彩られてきます!

待機中

   いよいよイベント開始です!

きずな 点火3!

最初に、福島の子どもと白岩の子どもによる「きずな」のトーチへの点火。
この日は、東日本大震災から11カ月でした。

風船は空に

そして子どもたちの風船あげ。

元気白岩ひでこ節

みんなで「元気白岩ひでこ節踊り大会」!

さて、そのころ、テントではいろんな軽食が売られていました。

熊鍋

中でも今回の目玉! 「熊鍋」大根とごぼうが入ったみそ仕立ての鍋。
獣くさいと言われますがそんなこともなく、美味しくいただけました!

地域外からもたくさんのお客さんが訪れ、中には
「インターネットで調べてきました」という方も。
会場には三脚が並んで、白岩城が照らされるのをカメラに収めようとする方々が待ち構えます。

学生さんあいさつ

学生さんたちの挨拶もあり。

白岩節披露

子どもたちの白岩節披露もあり。

これは? 白岩の文字

城址への点火時間が迫ってきました。会場に「白岩」の文字が浮かび上がり、
下の田んぼに作られたミニかまくらに子どもたちが点火していきます。

点火されました! ひろがっていき

いよいよ点火! 光が広がっていきます。

白岩城 花火も

花火も打ちあがりました! 参道が麒麟の形になり 「白岩城」の復活です。

麒麟に目が あゆかわさん

麒麟に目が灯りました! この後、あゆかわのぼるさんの挨拶があったり。

火振りかまくら

さらに火振りかまくらが行われ。綱引きも行われました! 雪の上の綱引きは滑って転んで大変だったそうです。

祭りが終わって……。

打ちあげ!

打ちあげですよっ!

見事な舞い 見事

宴席では、白岩節、ひでこ節、御山囃子などなどの余興が! 流石踊り上手演奏上手のみなさん!

笑い 名演奏!

続いて、留学生の方のギター演奏……地元の方の名(?)司会に、留学生さんも爆笑。

こうして白岩の夜は更けていきました。
学生さんたちは地域へもう一泊して、白岩をさらに堪能したそうです。

以上、白岩地域からでした!

Author: | Category:09仙北エリア, 7 集落間交流, 白岩地域


カレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど