本文へスキップ

産地直送ブログ

大仙市・小神成では火祭りに向けた紙風船づくりが行われました!

2012年2月8日

真っ黒な夜空に浮かぶ紙風船。仙北市は上桧木内の紙風船が有名ですが、

作成中

ここ小神成でも古くからおこなわれています!
風船が夜空を舞うのは2月11日、12日の集落の火まつり
そして2月18日の太田の火まつりです! 最後に詳しくご紹介します!

敬愛館

場所はいずみの里「敬愛館」という、太田町の施設
小神成から近くで広い場所を長く使えるということで、借りているそうです。

準備中

さて、その紙風船なんですが。

書きます!

なんと長さ6m! 昔は10m(!?)もの大きさを誇っていたそうです。
歴史は古く、あの上桧木内の紙風船あげよりも伝統がある! と地元の人は話しています。
まずは下絵を描いていくのですが……。

子どもたちも手伝いに

この作業だけで朝から晩まで丸々3日かかっているそうです。
今日は土曜日なので、子どもたちも手伝いに。
2月1日から作業をはじめ、4日間のべ50人以上の手がかかってようやく完成します。

並べてます。

これから、風船ごとに部品を並べていくのですが
7本もの風船なので大変です。集落の火まつり用に2本ずつ4本、
太田の火まつり用に3本作るんだそうです。

貼り付け!

最終工程、張り合わせ開始です!

一方そのころ、田の尻会館では別の方々が風船の「口」を作っているんだそうです。
竹で作られた風船の口は、出来上がるとこの敬愛館で風船とひとつになります。

折ってます

こちらは風船の「頭」になる部分、折りたたむことで作業をしやすくします。

張ってます

とにかく大きいので、ひとつひとつの作業が大変です!
はりあわせて……。あわせて……。

くぐって丸めます

袋にするのでこうやって潜って!

頭のはりつけ

頭を付けます。
と簡単に書いてますが、ひとつ辺り1時間近くかかる大変な作業!

ちょっと休憩中

ちょっと休憩。

竹の輪っか つるしてます。

竹の輪っかが届きました! これをつるして風船を付けていきます。

かぶせて ぺたぺた

ガムテープで張り付けていきます! 人海戦術!

完成!

できあがりです。
これから、各集落に運ばれて本番を待ちます。

さて、この風船が舞う本番は

2月11日、南小神成の火まつり 19:00ごろ~(JA東倉庫そば)
2月12日、田ノ尻の火まつり   19:00ごろ~(田ノ尻会館そば)

2月18日、太田の火まつり    15:30~(奥羽山荘広場)

となっています! 是非ご覧ください!

Author: | Category:01お知らせ, 09仙北エリア, 小神成地域


カレンダー
2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど