本文へスキップ

産地直送ブログ

年の瀬に、上岩川地域で元気ムラ交流会が行われました!

2012年1月6日

平成23年12月29日、上岩川地域で元気ムラ交流会が行われました!

ニワダマ鍋!

今回の交流会には、朝8時から五城目町の内川浅見内地域、落合地域、そして
八木沢地域からは地域おこし協力隊の桝本さん、水原さんが参加しました!

今回行われた交流会では、「岩川朝市」の見学、岩城さんによる「房住山昔物語」の解説、
そして、今回集まった方々との意見交換、上岩川地域名物、ニワダマ鍋の試食が行われましたよ~!

この日はすごい雪でした(汗)

ふるさと交流館

朝市開催場所の「上岩川ふるさと交流館」にもたくさん雪が積もってます。

岩川朝市は、上岩川地域のお母さんたちが腕を振るったお菓子や、上岩川地域で採れた野菜、
上岩川産のしいたけが練り込まれた「しいたけうどん」などなど、上岩川がいっぱいの朝市!

しいたけうどん 手作りお菓子

岩川朝市

朝市は、毎月第一日曜日とお盆、お正月前に開催されます。
また、朝市と同じ「上岩川ふるさと交流館」では、土日にしいたけうどんを中心に食堂を開いていて、既に常連の方がいらっしゃるそうですよ!

鹿渡地域や八竜地域のお母さん方も応援に駆けつけ、とても賑やかでした♪

水耕栽培セロリ セロリのサラダ

写真は、朝市で販売していた水耕栽培のセロリ。
三種町の電気工事会社さんが雇用対策事業で立ち上げた農業部で生産されています!
茎が白くて細いんですよ!取材班は初めて見ました。
取材班はサラダにして食べてみましたが、セロリの香りはやわらかく、シャキシャキとした歯触りがとっても美味しい!
(セロリが得意ではなかった取材班、初めて出会った水耕栽培セロリの美味しさに脱帽です。)
こちらのセロリは、サラダはもちろん、チャーハンやたまごスープにもピッタリ。
セリ科なので、鍋物や秋田名物きりたんぽにも合うと、生産者の岩谷貞子さんが話してくださいました。
岩谷さんは、房住里の会会長、加藤さんと協力し、上岩川地域の朝市やイベントなどで商品を販売しに来ているそうです。
水耕栽培セロリは、朝市の他、マルカ青果さんや、八竜のドラゴンフレッシュセンターにも出荷しています!

岩谷貞子さん

とっても食べやすいですよ!是非一度食べてみてくださいね♪

朝市では、皆さんたくさんお買いものをしていましたよ~!

八木沢地域の地域おこし協力隊 桝本さん 内川浅見内町内会長 工藤さん

写真(左)は八木沢地域の地域おこし協力隊、桝本さん。取材中、カメラの気配を察知して
笑顔と、三種商業学校の生徒さん達が作ったミョウガのドレッシング「ミヨちゃん」をこちらに向けてくれました!

写真(右)は内川浅見内地域の町内会長、工藤さん。しいたけうどんを片手に素敵な笑顔です!

朝市で上岩川地域の食材に触れた後は、生活改善センターで岩城さんによる房住山伝説の解説や、意見交換会が行われました!

交流会 房住山伝説について解説する 岩城さん

房住山について話す地域の方々のイキイキとした表情に、房住山が上岩川地域の大切なお宝なんだということが伝わってきます。
上岩川地域へモデル事業の話が来た時に、何を主体としていくかと考えた時、一番最初に「房住山」だと思ったそうです。

上岩川地域は山で栄えた地域で、江戸時代の重要な木材の調達場でした。
房住山には、平安時代の蝦夷の伝説などが残り、
今回頂いた資料「梵字宇山興立記」年表には長承3年(1134年)からの房住山の歴史が
表されており、房住山の、上岩川地域の歴史の深さが見て取れます。

そんな歴史深い房住山で人を集めて元気になりましょう、と房住里の会が3年前に結成されました。
その時に、県立大学の先生から「地域の良いところを50個出してみてください」と言われ、
その当時、里の会の方々は「房住山以外に何がある?」と悩んだそうですが、
探してみるとたくさん出てきて、それに磨きをかけただけで地域の大切な資源になりました。

交流会 感想を話す 工藤町内会長

今回の交流会に参加した方々は、皆さん口々に「上岩川は良いところだ」と話しました。
地域を盛上げ、引っ張る「房住里の会」に感動した方や、房住山の話を聞き
是非房住山に登ってみたい、と話した方もいらっしゃいました。

そして、交流会は「ニワダマ鍋」の試食会へと移ります。

ニワダマ鍋は、上岩川地域自慢の食材をふんだんに使った郷土料理!
食材は地元産の野菜、そして岩川地鶏に、上岩川産の肉厚しいたけ!!

とってもいい匂い♪ だまこ餅としいたけうどん(ほそめんつるるん)

岩川地鶏のダシがよ~く出たおつゆに、だまこ餅と、しいたけうどんを入れて食べます。
これが、もうたまらない美味しさなんです!

その他にも、腕自慢のお母さんたちが腕を振るった、
しいたけのチーズ焼き、だて巻き、しいたけチップス、干し柿、お漬物がテーブルを彩ります。

お母さんたちが腕を振るったお料理の数々! お漬物

ひゃ~食欲をそそる香りが……っ
お腹がすいてきちゃいます!

準備が揃い、皆さんで乾杯です!

ニワダマ鍋試食会

頂きます!

ニワダマ鍋に使われ、「房住山幻の地鶏」と呼ばれている岩川地鶏は、
なんと、その名のとおり、1年に1回しか出回ることがない貴重な地鶏です。
暑さに大変弱く、夏は扇風機が必需品。
そんな岩川地鶏飼育の苦労話も聞かせていただくことが出来ました!

ニワダマ鍋に舌鼓

ニワダマ&上岩川のお母さんたちの味と一緒に

交流会

皆さんへのお土産にと、お母さん方の手作りお菓子の詰め合わせも頂いてしまいました。
お母さん方、いつも美味しいお料理をありがとうございます!

今回参加した地域の方々からも、たくさんお話を聞くことが出来ました。
それは、悩みであったり、目標であったりと、元気ムラ地域間で参考にしあいながら、
意見交換が行われました。

交流会の締めはやっぱり、岩川(いわが)音頭!
木田さんが詳しく説明してくださいます。

岩川音頭

11月20日に行われた「受賞祝賀会」の時にもご紹介いただいていました!
秋田音頭の軽快な拍子とともに歌われる岩川音頭は
とっても楽しい内容でしたよ!

岩川音頭を聞いて

岩川音頭を聞いて(2)

そして、最後に今回の交流会を記念して、全員でパチリ!

全員で記念撮影

上岩川地域の歴史と味覚が満載の交流会でした!

Author: | Category:05北秋田エリア, 06山本エリア, 07秋田エリア, 7 地域間交流, 上岩川地域, 八木沢地域, 内川地域, 落合地域


カレンダー
2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど