本文へスキップ

産地直送ブログ

にかほ市食農観モニターツアー in 冬師集落 ~わら細工作り編~

2011年10月21日

111015_冬師のわら細工作り
わら細工作りは1日にしてならず。
冬師集落を会場に行われた、にかほ市食農観モニターツア-リポート・第二弾は、
稲刈り編に続き「わら細工作り編」をご報告したいと思います。

●指導役の冬師の人々
111015_冬師のわら細工名人01111015_冬師のわら細工名人02111015_冬師のわら細工名人03111015_冬師のわら細工名人04111015_冬師のわら細工名人05冬師のお母さん

わら細工作りを指導してくださるのは、
冬師集落伝統細工制作グループ」のお母さんたちです。
集落の70~90歳の8人の女性たちで構成されています。
グループ以外の、冬師集落の男性や女性も指導に参加してくれました。

111015_そしてこちらの女性は……

そして、こちらの子供たちに囲まれ、わら細工を指導しているのが……

111015_最高齢のお母さん

グループの中で、一番ベテランの三浦さんです。
93歳か94歳のはず、と紹介されてました(汗)。
元気に、子供たちにわら細工を指導してくれました。まだまだ現役です。

●参加された人々
秋田大学のみなさん111015_アトムのみなさん
111015_キッズユートリックのみんな宿泊ツアーに参加されているみなさん

今回の行事には、昨年以上に幅広い年代の人々が参加してくれました。

(左上) 若畑紅葉祭りにも参加していた秋田大学・石沢ゼミの学生さん。
(右上) 秋田県内の大学生で作るサークル「アトム」のみなさん
(左下) 稲刈りでも大活躍した、にかほ市の「キッズユートリック」の子供たち。
(右下) このモニターツアーの宿泊ツアーに参加されているみなさん。
             秋田市、三種町のほか、神奈川県からも参加されています。

学生さんたちは、秋田県内の農村漁村で、地域の人々と交流を活発に行っています。
アトムの学生さんは、「以前、訪れた地域で、若者が足りなくて地元のみなさんが困っていた
若い僕らで出来ることがあれば」と、今回も参加してくれたようです。
アトムのホームページはこちらからご覧ください!

●わら打ち作業
111015_自治会長の佐藤道夫さん111015_梨の木

さて、わら細工作りには、まず材料の「藁」の準備が必要です。
しかし、先ほど刈った稲穂は、すぐには使えません(汗)。
縄を綯いやすくするために、冬師のみなさんが用意してくださった、
ササニシキの稲藁を打ちつける作業を行います。
使用する道具は、集落に自生する梨の木で作っているそうです。

指導するのは、冬師自治会の会長・佐藤道夫さん。
にかほ市出身の学生さんもいたので、意気投合していらっしゃいます。
道夫さんは、現在、にかほ市グリーンツーリズム推進協議会の副会長も務めています。

●縄綯い作業
111015_縄綯いの達人も111015_集落のお母さんも縄綯いは得意

わら打ちのあとは、縄綯作業に入ります。
昨年、取材班が苦戦した「縄綯」です(汗)

111005_完成品 その3

冬師のお母さんたちは、とても美しい縄綯いが特徴。

昨年、冬師集落が参加した平成縄綯塾主催の「全国縄綯競技大会」では、
惜しくも優勝を逃してしまいました。
それもそのはず。冬師のお母さんたちは、「速さ」の前に、
どぉ~しても「形」の良さを心がけてしまうのです。

111015_縄綯のリベンジ

ちなみに、こちらが取材班の作品。
昨年10センチも綯うことが出来ずに泣きたくなりましたが、今年は少し進歩したようです。
初めての人でも、お母さんたちが教えてくれるので大丈夫ですよ。  

●わらじ作り
111015_わらじ作り

綯った藁で、わらじ作りに突入しました。
やはり、子供たちは飲み込みが早い。

111015_わらじ作りの様子

大人組も負けてはいません。
マンツーマンで、お母さんたちが、わらじ作りを教えてくれます。

111015_そしてついに

そして……

●完成品!
111005_完成品 その1111005_完成品 その2

参加された方々の完成品がこちら!お見事ですね~。
この冬師のわら細工は、2009年に行われた六本木ヒルズ春祭りにも登場しています。
寒い時期に行われたイベントでしたが、履いてみると、とっても暖かいんだそうです。
これも昔の人の知恵ですね。

●最後に記念撮影
キッズユートリックの記念撮影全員の記念撮影

参加してくれたみなさん!とっても楽しい時間を過ごせました!
冬師のみなさんにも感謝です!

111015_おばあちゃんも嬉しそう

三浦さんをはじめ、冬師集落伝統細工制作グループのみなさん、
「またきてね~」と手を振っていらっしゃいました。

111015_冬師集落伝統細工制作グループの作るわら細工

農村文化の結晶ともいえる「わら細工」。
わら細工作りを通じて、春から秋、そして冬と、
今まで知らなかった季節の移ろい実感することができました。
日本の美しい農村風景は、農家の人々の営みによって、支えられています。

さて、次回は、モニターツアーリポート最終回となる、「お昼御飯編」をおおくりします!

Author: | Category:08由利エリア, 冬師・釜ヶ台地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど