本文へスキップ

産地直送ブログ

五里合・鮪川でも大晦日を控え、「なまはげ」の準備万端です!

2010年12月28日

鮪川のなまはげ面

こちらの怖~い表情のお面は、五里合・鮪川地域のなまはげ面です。
一刀彫の見事な造りで、髪の毛もさらさら。普段は鮪川公民館に飾られています。
6月に初めて、鮪川公民館を訪問した時も、この2つのお面が出迎えてくれました。

続きを読む

Author: | Category:07秋田エリア, 五里合・鮪川(しびかわ)地域

五里合・琴川集落の「なまはげ」のケラ作りが行われました!

2010年12月28日

琴川のなまはげ面

「悪い子はいねぇが~!!!!」で、おなじみ、なまはげのお面。
このお面は、男鹿市・五里合の琴川集落で使用されてきているものです。
男鹿半島一帯では、各集落ごとに、大晦日になまはげ行事が行われており、
集落ごとに、お面の形も微妙に異なるのを、ご存じですか?

続きを読む

Author: | Category:07秋田エリア, 五里合・琴川地域

内川地域・浅見内神明社にも行ってきました!

2010年12月28日

「移動商店会&交流会in浅見内」のイベントのあと、私達は自治会長さんの案内で浅見内神明社にも行ってきました!

浅見内神明社

まず驚いたのは、神明社までの階段が縁側まで138段あるということです!
着いたころには息を弾ませていました。
日頃の運動不足が、後日足に現れたのは、言うまでもありません・・・。

初め、浅見内神明社は山の下にあったのですが昭和30~40年代に山の上へ移されたそうです。
周辺には天まで届きそうなくらいの木々がうっそうと生い茂っており、歴史の長さを感じられました。
神明社の中には、神明社の様子が描かれた絵や、文章が飾られていました。

こちらは、神明社で行われた俳句会の様子が描かれた絵です。 

神明社の俳句会の様子を描いたとされる絵

 

どれも歴史が感じられるものばかりで、ずっと昔のままの姿で残っていることが本当に素晴らしいことだと思いました。

今回の取材で、いつまでも変わらずに伝わっているもの、残っているものがあるということは嬉しいことだと感じました。
これからも、チンドン屋さんの楽しげな楽器の旋律のように古き良き秋田を盛り上げていきたいですね。

Author: | Category:07秋田エリア, 内川地域

カレンダー
2010年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど