本文へスキップ

産地直送ブログ

鵜養「田んぼのすまこ」稲刈り体験が行われました!

2010年9月28日

9月26日(日)に秋田市鵜養地域で田んぼのすまこ」刈り取り体験が行われました。
コンバインで刈り取れない田んぼの隅の一角(秋田弁ですまこ、すまっこ、しまっこなどと言います)を使って
一般の方に刈り取り体験をしてもらいましょう!というものです。
当日は絶好の稲刈り日和!気持ちいいほどの秋晴れでした。

美しい稲穂にも勝るとも劣らない晴天です

 

今回参加したのは秋田市にお住まいの三家族。
佐藤金作さんの田んぼのすまっこを1時間半ほどかけて刈り取りました。

美しい稲穂にも勝るとも劣らない晴天です

 

 

 

村田さんご一家

村田さんママと娘さん村田さんご一家と佐藤金作さん

 「疲れました。昔は手で刈っていたなんて信じられない!」と語るのは、村田さんのご主人。
ご夫婦は北海道出身ですが、ご主人の転勤で仙台市から秋田市に越してきたそうです。
地元の北海道でも、秋田に来る前に住んでいた仙台でも田んぼを見る機会があまりなかったそうで、
秋田に越してきて初めて見た稲穂が垂れる風景に感動したといいます。

今回は「秋田に住むからには秋田でしかできないことを体験したい、それが娘さんの食育にもつながるはず!」と思い、参加したそうです。

県外出身の方が秋田に興味を持ってくれることは本当に嬉しいですね。
私たちが当たり前に感じている地域が持つ魅力……
県外の方にそれを気付かせてもらいました。

●  小柳さん一家

小柳さん親子小柳さん一家!素敵な笑顔をありがとうございます!

農家に憧れるという小柳さんのご主人。
豊作!豊作!」と言いながら、息子さんと仲良く楽しそうに刈っていました。
はじめはお父さんと一緒にやっていた息子さんですが、すぐに慣れてきた様子で
気が付くと一人でシュッ、シュッっと刈り取っていました。
農作業ができる男の子はカッコイイなぁ~!

 お母さんが子どもの頃、実家の目の前が田んぼで、よく田んぼで遊んだそうです。
自分が育った環境を子どもにも体験してもらいたいと話していました。

●  佐藤さん一家

小柳さんご一家佐藤さん親子

お母さんと娘さんは、娘さんが通う保育園の遠足で鵜養に来て以来、すっかり鵜養のファンになってしまったそうです。
佐藤さんご一家はなんと前日に他のイベントでも稲刈り体験をしてきたとか。
それが稲刈り初体験だったそうです。

「昨日も稲刈りしたなんて、体調は大丈夫ですか?疲れていませんか?」
と伺うと、
「昨日は疲れましたが、今日のためにしっかりと休息をとってきたので大丈夫です!」
と、気合十分のママ!!

 一度経験があっただけに、稲刈りのほうはすぐにコツをつかんだご様子。
しかし刈り取った稲を、束ねる作業が結構大変のよう。
 ママ「適当巻きです。先生、どうですか?」
金作さん「う~ん、まだまだだなァ。」

農作業は根気強く臨まないといけませんね。

 刈り取った稲はまとめて天日干しして終了です~。
稲を干す小柳くん天日干し 

 
皆さんはこの後地域散策をして、地域の方手作りの美味しいご飯や天然の川魚、新鮮なまいたけなどで昼食をとりました。

今回のイベントを主催した秋田市農林部農業農村振興課の斎藤さんは
「今後は地域あげてのイベントになるように、来年も継続していきたい」と話していました。

家族で農作業という貴重な思い出を作ってみてはどうでしょうか?
ぜひ来年の募集もチェックしてみてくださいね!

Author: | Category:07秋田エリア, 鵜養(うやしない)地域

湯沢市の若畑集落のみなさんと、奥宮山・登山にチャレンジ!

2010年9月28日

奥宮山から見た皆瀬や湯沢の風景

眼前に広がるのは、湯沢市皆瀬の風景。この日はあいにくの曇り空でしたが、
うっすらと奥に見える山々の稜線が奇麗。 どこから見た風景かというと…………?

奥宮山の看板

湯沢市・皆瀬にある標高760メートル・奥宮山から見た風景なんですよ~!

若畑から見る奥宮山

こちらが、湯沢市の若畑集落からみた奥宮山です。

取材でいつもお世話になっている若畑集落では、9月25日、社日祭りという女性たちのお祭りを行います。この日、若畑の男性陣は、集落の背後にそびえる奥宮山に登るそうです。
ここ10年近くは行っていなかった奥宮山登山ですが、今年再開するということで、取材班も同行させてもらいました。………足手まといになる予感(涙)

美しいブナ林まだまだ序の口

若畑の子供たちにとって、この奥宮山は、かっこうの遊び場。
ブナやナラの広葉樹林に囲まれた自然豊かな山です。
小さい時から登り慣れた山なので、みなさんにとっては、ごくごく「普通の山」なんですが…
道中は、木の枝をしっかりつかまないと、ずるずる落ちていってしまったり、
木の根っこを階段代わりに足場を確保したりと…気軽に登れる山ではありません。
この山を「ひょいひょい~」と笑顔で登っていく若畑のみなさん…すごい!

ちなみに、岩を登ったり、木々をかき分けたりと、凄い場所はたくさんあったのですが
カメラに収めれなかったのはご了承ください…
「え~!えぇ~!!!(ここを歩くの~!)」
としか声が出ないいくつもの難所も、おじさんたちの手助けで無事登頂に成功。

奥宮山の山頂の図表奥宮山の山頂

標高760mにある図根です。
ちゃんと登頂した記念に、図根をカットにおさめ、若畑のみなさんの記念撮影。

とよあんこさん

ちなみにこの時点で取材メンバーは、リュックサックを地元の方に背負ってもらいました(涙)。
「とよあんこ」の愛称で、若畑のみなさんに呼ばれている齋藤豊市さん。
「あんこ」とは「お兄さん」の意味なんです。
2人分のリュックを背負いながら、余裕の笑顔のとよあんこさんにナビゲートしてもらいました。

奥宮山から見える若畑集落

「この山を登りきれば、これからの人生、どんなことがあっても、乗り越えられるよ」
と話してくれたのは、若畑集落の佐藤秀男さんと佐藤喜栄治さん。
下山途中に広がるこの景色を見ながら、言葉の意味を改めて実感できました。
行きは、怖くて怖くて仕方なかった山の風景。
同じ道を引き返して下山する帰り道……確かに見える風景が違って見えました。

広く険しい山の中で、小さな自分を動かせるのは、自分だけ。
じっと立ち止まっているだけでは、恐怖は立ち去ってくれません。
一歩一歩、前に踏み出す喜びを感じとることができました。

そして助けてくれる人々の存在があったからこそ、この気持ちを実感できるんだなぁ~と
若畑の山の男たちと、奥宮山から、たくさんのものを学んできた1日でした。
神社前にて休憩

若畑のみなさん!ありがとうございました~!

Author: | Category:11雄勝エリア, 若畑地域

カレンダー
2010年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど