本文へスキップ

産地直送ブログ

根城豊作相撲に行ってきました。

2010年9月21日

根城豊作相撲_初切藤里町の米田地域で古くから行われている行事があります。
秋の豊作に感謝し、神様の前で相撲を取る、それが城豊作相撲です。
※根城とは、米田と呼ばれるようになる以前のこの地域の呼び名です。

当初は獅子舞などの踊りが披露される行事だったのが、明治35年頃から相撲に変わったのだそうです。
それでも100年以上続いているのですから、長い歴史を持つ行事ですね。

 

 9月19日。
天気は朝からあいにくの雨。気温もだいぶ冷え込み、すっかり秋になりました。

にもかかわらず、地域の皆さんは各自準備を整えて、相撲が始まるのを今や遅しと待っているご様子。
それだけで、この相撲が地域の皆さんに愛されているのだと分かります。

子供相撲

午前中は子供たちの取り組みです。
毎年全国大会に出場している子や、体格のしっかりした子、俊敏な子など、
子供と言えど、そこらへんの大人相手なら飛ばされるかも・・・
という位の力強さでした。

観客

観客の皆さんも、とても楽しそうです。

今年から土俵が新しくなり、以前は旧米田小学校校舎を利用していた力士待機部屋も新設されました。
そしてもう一つ、新たに加わったのが親子相撲です。

親子相撲

体の大きなお父さんに小さな子どもたちが向かっていく光景は、
微笑ましくもあり、とても大事な事のようにも感じられました。
お父さんと相撲を取るなんて、なかなかできる経験じゃないですよね。
うらやましい…。

  

 大人相撲

午後からはいよいよ大人達の戦いです!
東西に分かれ、大関、小結、前頭など、それぞれにしこ名が決められ、
腕に記されています。

大人の取り組みは、さすがに迫力があります。
体がぶつかる度に聞こえる鈍い音。
根城豊作相撲の青年同好会は、この日の為に
2週間前から毎晩練習してきたということですから、
各自の力を思う存分発揮しているのでしょう…

でも、ところどころにちょっとしたネタも取り入れられていて、
相手の背中をバッチンバッチン平手打ちしたり、
力水を汲む柄杓を背中に忍ばせていたり。

お客さんも笑いながら応援していました。
大相撲の巡業を参考にしているということなので、
エンターテイメント性も十分にあります。

 

 根城豊作相撲は、神様に感謝の気持ちを表す行事ですが、
この相撲を通じて、親子のつながり、地域のつながりが深くなっているように思いました。

まわしが余っている時は飛び入り参加も認められるようですので、
興味のある方は、来年の秋に、お子さんと一緒にぜひどうぞ!

Author: | Category:06山本エリア, 米田地域

元気ムラで出会った人々 VOL.02 ~山田地域づくり協議会のみなさん~

2010年9月21日

山田集落の地域づくり協議会のみなさん

能代市・常盤の「大柄の滝祭り」で再会したのは、昨年度、取材班がすっかりお世話になった
大館市・山田地域の「山田地域づくり協議会」の浅利会長に赤坂さん、藤嶋さんです

昨年、山田で開催した「山田菜発見市」を視察した大柄自治会長の佐々木さんと交流のあった山田のみなさん。
大柄自治会のチャレンジを視察に来られて、山田のみなさんも多いに刺激を受けたようです。
今年はきのこ部会を立ち上げ、研究に取り組む山田集落。
会長の浅利さんは、大柄で椎茸の原木が売られている様子を興味深そうにチェックしてました。

そうそう!大柄と山田の大きな共通点がこれ!

大柄自治会の元気な黄色のジャンパー山田集落の黄色いはっぴ

元気で活発な黄色って力強くていいですよね~。
大柄自治会の新たなチャレンジ「大柄の滝祭り」は雨にも負けず、盛況の中行われました!
そして、今年2年目を迎える山田菜発見市は10月に開催予定です!

大柄と山田の強力タッグ

今後も続く大柄と山田のチャレンジ、ぜひみなさんチェックしてくださいね!

Author: | Category:05北秋田エリア, 06山本エリア, 元気なムラ人, 山田地域, 常盤地域

大柄自治会の新たなチャレンジ!能代市・常盤の「大柄の滝祭り」に参加してきました!

2010年9月21日

能代市・常盤地域に「大柄の滝」という、菅江真澄も訪れた景勝地があるのをご存じですか?

大柄の滝

その大柄の滝がある地元・大柄自治会は、
平成22年度の秋田県元気なムラづくり“チャレンジ”事業の採択団体のひとつです。
壊れていた滝への階段を、今年に入ってから修復し、一般の人々にも見てもらえるよう、
大柄自治会のみなさんが準備を進めてきました。

9月19日行われた、大柄自治会のチャレンジの結晶「大柄の滝祭り」に参加してきましたよ~!
お祭りでは「大柄の滝見学会」を企画していたんですが………あいにくの雨。

大柄の滝への階段滝への階段の入口

この赤い階段が、大柄の滝への入口です。残念ながら、この日は危険なので下までは降りませんでしたが、滝だけでなく、この階段も大柄の一つの見どころ。次は、天気の良い日に万全の体制で滝へチャレンジしてみますね~。

大柄自治会のジャンパー開会式の様子

さて、雨の中始まった「大柄の滝祭り」。
大柄の人々はこの程度の雨には負けませんよ~。
常盤小学校の児童によるアトラクションを始め、イワナつかみどり、地元特産品の販売と、イベント目白押し。

イワナつかみどり会場

当日のこのイワナのつかみどりを見れば、大柄の人々の元気なパワーは一目瞭然。
子供たちに大人気だったイワナ、取材班も美味しくいただきました~。

大人気のイワナ料理・だまこ餅

一番人気はダントツでイワナ。大柄のお母さんたちのだまこ鍋が続いて人気でした。

蛍火シリーズミルキークィーンダチョウの卵椎茸

こちらは、特産品づくしの生鮮食品のコーナー。み~んな大柄産です!
あきたこまち天日干し米「蛍火こまち米」に、地元酒造会社と提携した特別純米・蛍火こまちは
大柄自治会が取り組もうとしている新たなブランド品。
地元農家さんのミルキークィーンも珍しい一品ですね。
椎茸の原木もあれば、ダチョウの卵もありました!地元ではダチョウを飼ってらっしゃる方もいるんです。

お祭りのために飾られたお花大柄集落の丸太イス

こちらは、お祭りのお客をもてなすために、ガードレールに飾ったお花と、休憩用の丸太イス。
手作り感あふれるこの大柄の滝祭りは、昨年度の10月、自治会長さんの佐々木初朗さんが、
大館市・山田集落の「山田菜発見市」を訪れた時から、構想を練り始めました。

大柄自治会の佐々木会長

佐々木初朗さんは、「いろんな心配はあったけど、若い人を始め、みんなが頑張ってくれたおかげで開催できました。大柄集落の3倍くらいの人が来てくれたかな~(笑)
みんなが、これだけ応援してくれたことが何よりも嬉しいです」

大柄自治会を始め、お隣の山谷集落や常盤里づくり協議会への感謝の言葉で締めくくった佐々木さんでした。

IMG_6323

みなさん雨の中、本当にお疲れ様でした~!
大柄自治会のチャレンジ「大柄の滝祭り」レポートでした!

Author: | Category:06山本エリア, 常盤地域

カレンダー
2010年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど