本文へスキップ

産地直送ブログ

 若者が創り出す、上小阿仁村の新しい味!
「おいしい☆かみこあに創作グランプリ」に行ってきました!

2010年8月31日

ご覧ください。合計300食用意されたこれらの料理は、8月29日に上小阿仁村で行われた
「おいしい☆かみこあに創作グランプリ」で披露された創作料理です!
この日、上小阿仁村高齢者生活福祉センターでは第4回地域ふれあいデーが開催され、
多くの村民の方が参加し、賑わいを見せていました。

合計300食用意された創作料理

この地域ふれあいデーに、今回、初めて登場したのが、「おいしい☆かみこあに創作グランプリ」。
かみこあに「若者会議」が6月から検討と実践を重ね、企画したイベントです。上小阿仁村在住の15人のメンバーを3チームに分け、創作料理をつくり、村民に試食&投票をしてもらい、グランプリを決定するシステムとなっています。

メンバーたちが作る料理テーマは上小阿仁村の特産品を使用すること。
料理に使用する具在は、ほとんど上小阿仁村産!。
さっそく、上小阿仁の食がたっぷり詰まった3つの力作をご紹介しいきましょう。

Aチームのアゲ揚げたんぽAチームの準備風景

「上小阿仁若人連合」による「アゲ揚げたんぽ」
村の特産品アスパラガスに、トマト、チーズ、ベーコンをきりたんぽで包み、油で揚げたカリカリのアゲ揚げたんぽ。メンバーのマット先生特製のスペシャルソースをかけると、酸っぱさとたんぽが絡み合って絶妙なんですよ。

Bチームのほおずき大福ヤングほおずきチームの準備風景

「ヤングほおずき」チーム「ほおずき大福」
上小阿仁村特産の甘酸っぱいほおずきを大福でつつんだ上品な一品。
大福の断面はお月さまみたいに奇麗で、一口サイズで食べれるのがうれしいところ。

Cチームのほおずきカレー思い想われ☆ほおずきチーム準備風景

「思い想われ☆かみこあに」チーム「夏の終わりの恋どろぼう~ほおずきカレー~」
上小阿仁村の特産品をふんだんに使用したカレーは、甘酸っぱさとカレーのスパイシーさが絡み合う夏カレーです。ナンの代わりにきりたんぽを使用しているのが斬新ですね~。

5分で無くなりました大忙しの若者会議の面々

これらの料理の提供を始めたら、メンバーの予想を越えた人気ぶりです!
なんと5分で300食が無くなりました!
※ちなみに取材班がシャッターを切っている間に売り切れました。
調理中に試食させてもらって良かった~。

若者会議の仮装協力隊の仮装

グランプリ発表までの間に、若者会議のメンバーは地域ふれあいデーの仮装大会にも出場しました。
左は若者会議チームで、右は同じく若者会議メンバーの地域おこし協力隊の桝本さん。
仮装大会は、出場者に合ったユニークなネーミングで賞が与えられます。
若者会議チームは「美味しかったで賞」、協力隊は「地域を変えてくれたで賞」を主催者からもらってました。

さて宴もたけなわ…気になるグランプリの結果が気になるところです。

優賞のAチーム

栄えある「おいしい☆かみこあに創作グランプリ」優勝は…………

優勝は上小阿仁若人連合

上小阿仁若人連合の上げ揚げたんぽでした!
きりたんぽを「揚げる」発想は、今までなかったものですよね。グランプリのアゲ揚げタンポは、今後、上小阿仁村の飲食店で期間限定で販売してもらえるよう交渉段階に入ります。グランプリ作品だけでなく、ほおずき大福も夏の終わりの恋どろぼうも、また食べたいなぁ~。

かみこあに若者会議一同

「何かしたい」という思いを抱いていた上小阿仁の若者たち。盛況だったイベントを振り返って、「今回の若者会議をきっかけに、今後もこのような場所を作っていきたい」「作るのは大変だったけど、またやりたい」とコメントしていました。
仕事が忙しく、参加できなかったメンバーもいますが、15人の若者のアイディアと努力で生まれた創作料理、3つとも上品で食べやすくて、普通にお店で販売しているレベルに達していましたよ。

地域ふれあいデーの参加者からは「若い人がいるとこんなに元気になるんだ!!出来れば次回も」という声もあがってました。若者と地域の繋がりが、今後も強くなる予感がしますね。

かみこあに「若者会議」のみなさん、本当にお疲れ様でした!

やまぶんさんの珈琲のグラニテやまぶんさんのほおずきカフェ

さて、取材を終えたあと、上小阿仁村のほおずき農家・やまぶんさんのカフェにお邪魔しました。
古民家を改装した店内で味わうコーヒーのグラニテ…まだまだ暑いこの季節に心が潤います。
今回の「おいしい☆かみこあに創作グランプリ」のほおずきも、やまぶんさんで購入したそうです。
ご夫婦の鵜野浩一郎さんと幸子さんが作ったほおずきを、あの場で食べてたんですね~。

上小阿仁村の若者たちの「味」を堪能した1日でした!

Author: | Category:05北秋田エリア, 八木沢地域

明治百年通りが震えた! 鹿角ふるさと大太鼓大響演にいってきました!

2010年8月31日

小坂町、康楽館がなんと今年で100周年だそうです!
それを記念して、鹿角ふるさと大太鼓大響演が、明治百年通り、小坂鉱山事務所前で開かれました。
鴇(ときと)地域の鴇大太鼓も参加すると聞いて、早速取材に行ってきました。

この日、康楽館では100周年記念イベントが目白押しでした。
鴇大太鼓も寄せ太鼓を演奏したそうです! が、聞けなかった~残念……。

夕方になると、小坂鉱山事務所が綺麗にライトアップされていました。
なんと、この事務所前の広場がステージになるのです!

鴇大太鼓大響演 

鹿角地域の太鼓たちは、その昔山伏たちが伝えたと言われています。
江戸時代の初めにはごく小さい太鼓だったようですが、だんだんと大きくなり、
大正時代にはほぼ今の形(直径90~120cm!)になりました。

各集落の太鼓が次々と披露されていきます。
イベントで和やか……と思ったら演奏者も指揮者も真剣です!
ぴん、と張りつめた空気の中、太鼓が力強く響きます。

途中、アトラクションとしてかけあい太鼓が行われました。
各保存会の代表が自分たちの太鼓をソロで披露しあうのです。
鴇大太鼓保存会からは、中学生の成田侑也君、高校生の成田喜輝君が演奏しました。
緊張感の中他の団体が演奏します……。
錦木古川大太鼓演奏中

そしていよいよ演奏! まずは中学生の成田侑也君!

鴇大太鼓 ソロ演奏中

続いて、他の団体がまた演奏後……。高校生の成田喜輝君!

鴇大太鼓 ソロ演奏中後楽館を揺らす! 鴇大太鼓

二人とも見事な演奏でした!

そして……いよいよ鴇大太鼓です!
今回は他の保存会の方々の力も借りて、普段5胴で演奏しているものを7胴での演奏です!
演奏前の沈黙……緊張感が漂います!

鴇大太鼓演奏直前……!

そして……! 代表の成田さんの提灯が上がりました!

鴇大太鼓演奏1鴇大太鼓演奏中2

 鉱山事務所に太鼓の太い音が反響し、ずしん、と響いてきます。
音が伝えられないのがもどかしい!

最後は、参加保存会全員による演奏です!!
36胴の太鼓が並ぶのは壮観です!
大音響が小坂鉱山事務所を震わせました!

大太鼓集合

  以上、鴇地域からでした。

Author: | Category:04鹿角エリア, 6 元気ムラ応援団, 7 地域間交流, 鴇(ときと)地域

カレンダー
2010年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど