本文へスキップ

産地直送ブログ

「第10回・大葛(おおくぞ)温泉まつり」が開催されました!

2010年8月2日

これ、なんだか分かりますか?
今回の取材先・大館市(旧比内町)の大葛地域では、多くの住民のみなさんが、この機械を所持しているそうです!その答えは…

大葛のきりたんぽ焼き機

きりたんぽを焼く機械です!
大阪の人々が、たこ焼き機を持っているように、きりたんぽ発祥の地・大館でも、きりたんぽを焼く機械が各家庭に浸透ですね~。いや~勉強になりました。
大葛温泉

今回の取材は、源泉かけ流しの天然温泉と
「大人100円」という信じられない料金設定が人気の大館市・大葛温泉
毎年恒例となった大葛温泉まつりに、7月25日行ってきました!
この日はなんと入浴料が無料!普段でもお得なのに…この大葛の人々のもてなし、たまりません。

大葛温泉の館内01大葛温泉の館内02

大葛温泉の館内は、ピンク色の電話に入浴券の販売機、どこか懐かしい雰囲気がいいですね~。
普段は1日200人が訪れるという大葛温泉は、9年間で70万人が利用しました。
10万人突破まで、あともう少しです!

大葛の将来を考える会の嶋田さん大葛温泉祭りの様子

このお祭りは、大葛エリアの7集落で組織する「大葛の将来を考える会」の主催。
もともとは、温泉利用客への感謝を込めて始めたサービスなんだそうです。
会長を務める嶋田久成さんがお祭りを始めたきっかけを教えてくださいました。

利用客の多くは地元の人々と鹿角のお客さん。
出勤前にこの温泉に入り、会社が終わったらまた入っていくお客さんもいるそうです。
お風呂に入るということは、生きていく上で欠かせない習慣。
鹿角と大葛の人々にとって、この温泉は欠くことのできない温泉なんですね。

大葛のお母さんたちの料理大葛の新鮮野菜が勢揃い

比内ベニヤマ荘の馬肉の煮付け大葛温泉の山菜煮付け

この日は大葛の食材を格安で販売。採れたての野菜や山菜に、地元お母さん達の手作り料理の数々。
大葛温泉のすぐお隣にある比内ベニヤマ荘さんも馬肉の煮付けに、比内名物・比内地鶏を使った親子丼など地元ならではの食材を販売していました。

 

自慢のキムチキムチ作りの名人

なかでもおススメは18種類もの素材を使用してつくる、阿部さんのキムチ!
甘味を出すために、砂糖でなく蜂蜜を使用しているんです。
素材の味を活かしたキムチは、甘すぎず、辛すぎず、ほどよい味。食欲がそそります。
大葛のお母さん達は、「道の駅ひない」の直売所「とっと館」に地元の特産品を出荷しています。
ぜひ、足を運んだ際にはチェックしてみてくださいね。

大葛温泉祭りの人々
以上、大葛温泉祭りの報告でした!

Author: | Category:05北秋田エリア, 大葛地域

カレンダー
2010年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど