本文へスキップ

産地直送ブログ

えびす俵が駆け上がる! 御嶽神社(石馬っこ)祭典にいってきました!

2010年6月17日

羽後町西馬音内堀回(ほりまわり)にある、「御嶽神社」で行われる祭典にいってきました。
おみこしを担いで奉納するお祭りですよ、ということで行ったんですが……。

おみこし(えびす俵)

おお!? おみこしがなんか変わった形ですよ!
よくよく見てみると……。

おみこし(えびす俵)その2

これ、おみこしが俵(たわら)になってますね。
昔はお米を入れてたそうですが、今は「ぬか」を入れているそうです。
それでも重さは10kgぐらいだそうで、結構重たいですね。

おみこし移動中

おみこしは大人が担いで、地域の子どもたちがひっぱります。
そして、各家庭を回っていくのですが……。
河川改修などで、移転した地区の方々の家もしっかりと回ります!

ごあいさつ

そして何度か休憩をはさみ、いよいよ神社へと登るのですが!
……これは!

駆け上がってます登ってます

写真ではそうでもないように見えるかもしれませんが、ものすごく急です! 転げ落ちるんじゃないかと思うぐらい!
木立を抜けて

そこを子どもたちが先導し、えびす俵が駆け上がっていきます!
駆け上がって! 途中で休憩しながらもどんどん登って!

頂上到着!

頂上にある神社に着いたときは、汗びっしょりでした!
そのあと、神主さんからお祓いを受けて、神社への奉納となるのですが、ここで社殿の中で待ち構えていた人が押し戻して激しいやり取りが行われます。

えびす俵奉納奉納中

奉納されました

ようやく社殿におさまったえびす俵。

この後、神輿を担いだ人たちは、鳥居をくぐらず反対側の緩やかな道を通って帰ります。
鳥居をくぐってしまうと、神様からもらった力が落ちてしまうからだそうです。

馬道

この緩やかな道は、昔、馬が通って参拝した道です。俵も、きれいに飾られた馬が運んでいきました。
やがて、日常で馬が見かけられなくなって、俵も人が担ぐようになったそうです。
また、頂上には、御嶽神社のほかに駒形神社もあり、たくさんの馬の像がありました。信仰の様子がうかがえます。

そして、最後に忘れてはいけないのが、ふもとにある「石馬っこ」。石の馬の像が一対、狛犬の代わりに並んでいます。
子どもがこの馬の下をくぐると、麻疹が軽く済むという言い伝えがあります。

石馬っこ

古くからの馬と人間の関係を、今でも伝えてくれる石像ですね。

以上、堀回からでした!

Author: | Category:11雄勝エリア, 堀回地域

根子地域の「菜の花番楽まつり」を取材してきました。

2010年6月9日

6月6日、根子(ねっこ)集落で行われた、第一回根子・菜の花番楽まつりに行ってきました。
不思議な形の根子トンネルを歩いていくと……車の通過音に交じって不思議な音がしてきました。
サイレン? ラッパ? すぐにそれに続いてお囃子が聞こえてきて……どうやらこれが国の重要無形文化財に登録されている根子番楽、そのお囃子のようです。
最初に鳴った音はどうやらほら貝でした! 根子集落の心にくい演出だったようです。
続きを読む

Author: | Category:根子(ねっこ)地域

鵜養(うやしない)「河辺せせらぎウォーク」に参加してきました!

2010年6月4日

絶好の行楽日和だった先週末、
秋田市河辺・鵜養(うやしない)地域で「河辺せせらぎウォーク」が行われました。
今年で14回目を迎えるイベントです。
鵜養は秋田県の中心地で、マスコットキャラクターの「へそ助くん」が有名なへそ公園がある地域。
秋田市中心部から約一時間の距離に位置しますが、
朝早くにもかかわらず(受付開始は8時でした)ものすごい人!人!!人!!!

開会式

今年の参加者は約600名だそうです。
全員で準備体操をし、いざ出発進行!

こちらは岨谷峡。昭和27年に「秋田30景」に指定されました。
文化8年に菅江真澄も訪れています。
画像 186

のどかな田園風景。郷愁を覚えますね。
画像 210

緑のアーチをくぐり抜けると、
殿渕の前、緑のアーチ

水がエメラルドグリーンに輝く殿渕が現れました。
画像 231

名称の由来は諸説ありますが、
その昔、お殿様がこの渕を遊覧した際に
落馬したことからと伝えられているそうです。

鵜養地域にはこのような美しい自然景観がいくつも残っています。
その他、市の天然記念物指定の樹齢250年のリュウキュウツツジや、イチイの木などにも出会えますよ。
市の天然記念物指定リュウキュウツツジ

今回のイベントでは8kmの距離を約4時間かけて隅々まで散策しました。
私自身秋田に住んでいながら、これほど美しい景観を眺められる場所があるとは知らず、
一日にしてその魅力にとりつかれました。
今度はプライベートでも訪れてみたいなぁ~。
そのときにはお弁当を持っていって、時間をかけてゆ~ったり散策してみたいと思います。

Author: | Category:07秋田エリア, 鵜養(うやしない)地域

三又(みつまた)を味わう ~天然ワラビ園OPEN!~

2010年6月2日

「皆さん、ワラビを『残さず』取ってってくださいね~!!!」
…との贅沢な掛け声のもと、横手市・山内三又(みつまた)地域に5月29日、
天然ワラビ園がOPENしました!

合せるとこんなにとれたよワラビをたくさんとったよこっちもすごい

ご覧ください…プロ顔負けの子供たち!
彼らが持っているワラビは、この日オープンした三又ワラビ園で採ったものです。

三又ワラビ園の全景三又ワラビ園で採ったワラビ

オープン初日の29日は、40人を超える仙台からの観光客でワラビ園は賑いました!
2時間・1500円でワラビ採り放題の三又ワラビ園。
ワラビ園の広さはおよそ2ヘクタール。元々は草地だった場所を三又営農生産組合が整備しました。
時間いっぱいかけなくても、2袋いっぱいになってしまいます。…圧巻です。

三又ワラビ園近くのワラビ

ふと足元に目をやれば、すぐワラビが見つかるんですよ!
普通のワラビ採りは、山の中を探しまわらなければ見つからないのがネックのひとつ。
三又ワラビ園では、そんな面倒を感じることはありません。

「整備する前から自然と(ワラビが)生えてきてたよ」
と地元の方がおっしゃっていましたが、それは三又の「土」がいい証拠。
元々、豊穣な土地を、さらに三又営農生産組合で、草刈り、肥料巻き、火入れを行い
観光客に楽しんでもらえるワラビ園を整備しました。

ワラビ1

三又ワラビの3大特徴は…
1にやわらかく!
2に太く!
3に粘り強い!

おひたしにして食べるのもお薦めですが、三又地域の伝統食・納豆汁に入れて食べるのもオツ。
あく抜きの手間を省きたい方には、あく抜きを施し、自宅へ発送するサービスがお薦め。(※このサービスは別料金となります)
ワラビ園で楽しんだあとは、地元・三ツ又温泉でひと風呂浴びて、まったりしたいですね~。

祝い餅つき02三又の祝い餅つき

この日、三又ワラビ園を訪れた観光客のみなさんは、三ツ又温泉で、地域に伝わる風習「祝い餅つき」も体験されました。三又では、昔から、家を新築したら、村の人間が全員集まってお祝いに餅つきを行ってきたそうです。

それが、この「祝い餅つき」。
5~6人で臼の周囲を回りながら、キネを用いて、お餅をつきます。
お餅をキネで持ち上げる瞬間は気合が入りますよ。

ほおの木の

「ホオノキ」の葉っぱに乗せて出来あがったお餅です。
葉っぱの香りを楽しみながら、手づかみでお餅を食べるのがおススメ。一人でつくお餅と違い、弾力が違いますよ~。これぞ「三又」の味ですね。

さて、今回の元気ムラ・ベストスマイルは、
「三又をたっぷり体験していって欲しいね~」と話す、三又営農生産組合の石沢英夫さん。
組合長の石沢さん

三又ワラビ園は、もともとワラビが自生する場所。集落の人々もワラビ採りを楽しんでいました。
「でも、『この場所を観光ワラビ園に』と決めたら、みんな、自然と(この場所に)入らなくなりました。みんなの協力でここまできたと思います。たくさんの人が三又を訪れる場所となって欲しいですね。」

三又生産組合のみなさん

オープン初日を無事終えた、三又営農生産組合のみなさん、お疲れ様でした~。
皆さん、ぜひ、三又ワラビ園で「三又」を堪能していってくださいね~。

【三又わらび園の詳細】
●営業期間    5月中旬~7月下旬まで
●営業日・時間  毎週 水・日曜日 午前9時~11時(要予約)
●料金      一人1500円(2時間採り放題)
●予約      0182-53-5128(三又営農生産組合 代表 石沢英夫)
※営業期間や時間については、あらかじめお問い合わせください。
※ご予約は一週間前までにお願いいたします。

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域

なまはげと湧水の里。鮪川に行ってきました。

2010年6月2日


男鹿市 五里合鮪川(いりあいしびかわ)地域へいってきました!
続きを読む

Author: | Category:五里合・鮪川(しびかわ)地域

カレンダー
2010年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど