本文へスキップ

産地直送ブログ

秋の上岩川・国際交流会リポート!

2011年11月2日

上岩川の交流会記念撮影

今回の産地直送ブログは、300本目の記事になります!!!!!
2010年4月から始まったブログも、ついに300記事突破!次は目指せ400本ですね。

ということで、今回は10月29日に、三種町上岩川で行われた
国際教養大学との交流会の様子をリポートしたいと思います~!!!!

続きを読む

Author: | Category:06山本エリア, 7 地域間交流, 上岩川地域

あきた元気ムラ県民フォーラム・リポート【後編】

2011年10月7日

110909_DSC_0021
元気ムラ県民フォーラム・後編リポートでは、
交流会で、村のみなさんが持ち寄った自慢のお宝をご紹介します。
加工品から、お惣菜、わら細工、様々なものが登場しましたよ。
続きを読む

Author: | Category:1 大交流会, 6 元気ムラ応援団, 三又地域, 上岩川地域, 中直根(なかひたね)地域, 中野地域, 八木沢地域, 冬師・釜ヶ台地域, 大葛地域, 山田地域, 本館(もとだて)地域, 田沢地域, 白岩地域, 立花地域, 米田地域, 落合地域, 馬場目杉沢地域, 鴇(ときと)地域

あきた元気ムラ県民フォーラム・リポート【前編】

2011年10月7日

 110909_フォーラム

9月9日、秋田市・ビューホテルの光琳の間において
あきた元気ムラ県民フォーラムが開催されました。
今回の見どころは、何と言っても「秋田県全域」から、一同に集まったムラの人々です。
北は小坂町、南は横手市、にかほ市と、た~くさんの人々が集まりました。
※下のカテゴリ数が凄いことになってます(汗)。
続きを読む

Author: | Category:1 大交流会, 6 元気ムラ応援団, 三ツ方森・大台地域, 三又地域, 上小様地域, 上岩川地域, 上畑・滝ノ下地域, 中直根(なかひたね)地域, 中野地域, 五里合・鮪川(しびかわ)地域, 八木沢地域, 内川地域, 冬師・釜ヶ台地域, 加茂青砂地域, 坂之下地域, 大葛地域, 山田地域, 岩子・大久保岱地域, 本館(もとだて)地域, 田沢地域, 白岩地域, 石川地域, 立花地域, 米田地域, 落合地域, 赤田地域, 馬場目杉沢地域, 鴇(ときと)地域, 黒沢地域

伝説と信仰の山・房住山(ぼうじゅうざん)トレッキング!

2011年6月3日

伝説と信仰の山・房住山(ぼうじゅうざん)を、みなさん御存じでしょうか?

房住山の観音像

蝦夷の長面三兄弟に、坂上田村麻呂、小野小町伝説も残る、歴史ロマンあふれる房住山。
5月29日、三種町観光協会主催のもと、山開きが行われ、
昨年度の若畑・奥宮山に続き、取材班も山登りにチャレンジしてきました!

続きを読む

Author: | Category:06山本エリア, 上岩川地域

秋田の「地域おこし協力隊員」と「集落支援員」が全員集合!

2011年2月3日

地域おこし協力隊員と集落支援員のみなさん

1月27日、アキタパークホテルで、平成22年度・第4回秋田県高齢化等集落対策協議会
地域おこし協力隊員等による活性化セミナー」が開かれました。

少子高齢化は、日本が直面する大きな課題の一つ。
秋田県でも、今後、人口の減少が進み、集落機能の維持が難しくなる集落が増えてきます。
このセミナーでは、そんな課題に取り組む人々の活動報告会が行われました!

続きを読む

Author: | Category:02元気ムラ支援室から, 05北秋田エリア, 06山本エリア, 09仙北エリア, 7 地域間交流, 8 その他イベント, 上岩川地域, 余目地域, 八木沢地域, 大葛地域

商談会レポート3 元気ムラ商談会で見つけた「味」~後編~

2010年9月2日

元気村商談会・後編は、取材班がすでにお世話になった集落のみなさんの「味」をご紹介。
現在、元気ムラサイトには県内8カ所の集落が紹介されていますが、集落のみなさんのご協力無しには元気ムラサイトはできませんでした。みなさんの笑顔も健在。出会った人と再会できたことが何より嬉しかったです!

五城目町から五城目のブース

では、さっそく五城目町ブースから。
清流の会と五城目町キイチゴ研究会さんの出展ブースには、4月にオープンした農家レストラン「清流の森」のランチメニューやキイチゴ研究会が取り組む食品が展示されてます。清流の森ネコバリ岩三平の家を巡る途中に立ち寄るのにもってこいですよ~。

上岩川の房住里の会上岩川のブース

三種町の上岩川地域おこし協議会・房住里の会は、椎茸うどんにつるるんめん、ムラの名産椎茸や、上岩川のシンボル「房住山」の登山グッズが展示されていました。
上岩川は、今年サイクリングロードもできました。集落を散策しながら、上岩川の味に触れてみてください。

三又集落山内にんじん

こちらは、三ツ又温泉三又わらび園でもおなじみ、横手市・山内の三又集落のみなさんです!
シシリアンルージュを使った加工品に、山内いものこ、山内にんじん、そしていぶりがっこ。山深い三又ならではの味が勢ぞろいしていました。

白岩集落白岩のとんびダケのまぜご飯

そしてプロジェクトS率いる、仙北市の白岩集落!現在順調にヒデコブランドに向けて頑張っています。ヒデコと共に栽培を始めているトンビマイタケのまぜごはんは、シャキシャキとした食感で醤油味が染みたご飯とよく合いますよ。

白岩のTシャツ

最後に、白岩の下田三千雄さんおススメの白岩Tシャツをご紹介して、
元気ムラ商談会のリポートを締めくくるとしましょう。
「できるわけねえべしゃ」という言葉と戦いつづけてきた下田さんの答えが描かれたTシャツです!
秋田県には頑張っている人たちがたくさんいます。

諦めるのは誰でもできるが、やり続けることは難しい。
今回の商談会に参加されてるみなさんの姿を見てると元気が出てきますね!

「元気」な人々による「秋田元気ムラ商談会」のリポートでした!

Author: | Category:02元気ムラ支援室から, 06山本エリア, 07秋田エリア, 09仙北エリア, 10平鹿エリア, 7 地域間交流, 8 その他イベント, 三又地域, 上岩川地域, 白岩地域, 馬場目杉沢地域

第2回・秋田元気ムラ推進員セミナーが開催されました!

2010年7月20日

梅雨明け間もない7月18日、秋田県庁・第二庁舎で、元気なムラづくりを進める人材…
「元気ムラ推進員」の育成支援を目的とした「秋田元気ムラ推進員セミナー」が開催されました。
3連休の中日でしたが、市町村関係者を始め多くの方々が参加して下さいました。

元気村推進員セミナーの様子岡崎教授の講演・根子集落の取り組み

二部構成で進められたセミナーの第1部は、法政大学・岡崎昌之教授の基調講演。
岡崎教授は全国各地のまちづくり計画に携わり、東北電力主催の「元気塾」では北秋田市・根子の地域活性化に向けてチーフパートナーを務め、住民と共に活動されてきました。

元気村推進員セミナの法政大学・岡崎教授根子・菜の花番楽の岡崎教授

なぜ農山村の再生が必要なのか?ムラが果たす役割、そして再生には何が必要か?
全国・世界の具体的なデータと、詳例を用いて分かりやすく解説してくださいました。

根子・菜の花番楽祭り根子のほうびき遊び

印象的だったのが、「“宝さがし”より“あるものさがし”」という言葉
根子集落を例に、誰にも真似できない地域の「過去」に着目し、活性化に向けた明確なテーマをもつことの重要性を説明。そして従来の自治組織と共に「新しいコミュニティ」を作ることが自立したまちづくりへの一歩となる。

行政、地域住民、みなが一緒に課題を解決する「協働=コラボレーション」の必要性を、岡崎先生は解説してくださいました。
 

座談会メンバーの方々・加藤さん、佐藤さん、小野さん、岡崎教授上岩川の加藤さんと琴川の佐藤さん

第2部のディスカッションでは、元気なムラづくり活動でおなじみ、房住里の会・加藤昌晴会長と、
今年度、秋田県のチャレンジ事業に採択された茄子地人協会の佐藤毅さんがそれぞれの“故郷”での活動を報告。

上岩川・加藤昌晴さん

トップバッターは房住里の会の加藤さん。

上岩川での県立大学生との交流頼りになる秋田県立大学のみんな

昨年度、秋田県立大学の生徒が“援農隊”として地域行事の多くに参加した三種町の上岩川地域。
加藤さんは、市町村職員、学生、NPOを始めとする「外」の人間が地域に入ってきたことで、無風だった上岩川に新しい風が入ってきたと言います。

上岩川のお母さんたち上岩川のサイクリングロードの看板

そして上岩川の大きな原動力・女性陣の活躍ぶりを大絶賛。
コミュニティサロンを中心に、表舞台では女性陣にパワーを発揮してもらい、サイクリングロードの整備など目に見えない部分は男性陣が役割を果たす。人々の活躍の場が生まれたことで、地域の人々の動きが活性化している“今の上岩川”を熱く報告してくださいました。

琴川・佐藤毅さん

続いて、男鹿市琴川で活動する茄子地人協会の佐藤さん。

琴川菅笠塾の様子琴川菅笠塾の様子・師範

男鹿市の無形民族文化財に指定されている「すげ笠」復活を目的に行った「琴川すげ笠伝承塾」の経緯と、五里合中学校跡地を利用して行う「五里合ものづくり学校」のイベント概要を報告。「自分の家のすげを使って」と申し出る住民の方や、イベント用の道具を教育委員会が提供してくれるなど地域の人々が協力してくれることで、イベントを行える“実感”をお話してくれました。

 

五里合中学校跡地鮪川・薄田商店の銘酒

8月19日から3日間行われる「五里合ものづく学校」は、琴川とお隣の集落・鮪川を交えた「五里合」の人々によって取り行われるイベントです。「アートと共に地域の特産品をPRし、この学校が“ものづくり”交流の場になれれば」と力を込めて佐藤さんは話していました。

さて、セミナーを通じて感じたことですが、
ムラが失いつつあるものは、今の時代に、実はとっても必要なものなのではないでしょうか?
地域と「外」の人々をつなぐ房住里の会や、茄子地人協会のような「新たなコミュニティ」が再生の一躍を担うのでしょう。

国際教養大学の生徒が立ち上げたAIU秋田応援団上小阿仁村の地域おこし協力隊員

その他にもセミナーでは、国際教養大学で活躍する「AIU秋田応援団」のメンバーや、上小阿仁村の地域おこし協力隊の姿も見られました。
より多くの人々を結ぶネットワークの構築に欠かせない人々です。
地域の人々だけではムラの再生が困難な時代、岡崎先生の言う「協働=コラボレーション」が大きなキーワードとなる気がします。

農山村の再生について、改めて考えさせられたセミナーでした。

Author: | Category:02元気ムラ支援室から, 05北秋田エリア, 06山本エリア, 07秋田エリア, 7 地域間交流, 8 その他イベント, 上岩川地域, 五里合・琴川地域, 八木沢地域

房住山浪漫うた街道・サイクリングコースがオープン!

2010年5月7日

三種町上岩川地域のいたるところで見受けられるこの立札。
なんだかわかりますか?
サイクリングコースの看板郷土カルタ

この立札、上岩川の44か所に設置されています。
上岩川地域の歴史や名所をつづった「郷土カルタ」をもとに、
「房住里の会」のお父さんたちが作りました。

この立札を見ながら上岩川を満喫できるサイクリングコース、「房住山浪漫うた街道」が
オープンするということで、4月29日…行ってきました!上岩川に!

自転車で上岩川を満喫するぞ~!と思ったら…
あいにくの雨

……雨です。神様ひどい。(涙)しかし雨に負ける上岩川の人々ではありません。
人であふれ返る、上岩川ふるさと交流館。みんなやる気満々です。

オープニングセレモニーのテープカットも済み、
上岩川の力強い応援団、秋田県立大学の生物資源学部・アグリビジネス科のみんなが雨の中を走ります! 
ふるさと会館の前でテープカット県立大学生走る

※雨のため、交流館の前のみの全力疾走。…残念。

この日のメインは「餅つき」に変更となりました。県立大学生もがんばりますが、
お母さん、ちょっと心配そう。

大丈夫?お母さん心配そうみんな笑ってるんはなぜ?

上岩川のお母さんの慣れた手つきで…
お母さんの手なれた手つきつきたてのお餅

3色つきたてのやわら~いお餅が完成!
房住里の会の加藤会長はず~っと「うまい!うまい!」とほおばってました。

その他にも交流館で、上岩川の味を満喫。
ホウレン草味のムギマキ

ホウレンソウ味のムギマキ。いろどりがあざやかで、甘すぎず、苦すぎず、かつ栄養たっぷりです!
秋田にはお母さんの数だけムギマキの味があるんですよ~。

そして噂のしいたけうどんに、新鮮とりたてのこごみ。
噂の椎茸うどん交流館で販売されていたこごみ

上岩川には美味しいものがいっぱいです!

この日は残念ながらでサイクリング行えませんでしたが、
「房住山浪漫うた街道」の楽しみ方は後日、実際に体験してから報告しますよ~。
頼りになる秋田県立大学のみんな熱気にあふれる上岩川の人々

以上、熱気あふれる上岩川ふるさと交流館の報告でした。

Author: | Category:06山本エリア, 上岩川地域

カレンダー
2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど