本文へスキップ

産地直送ブログ

横手市山内の三又(みつまた)観光わらび園♪

2021年7月1日


6月25日(金)、横手市山内の
三又(みつまた)観光わらび園にお邪魔してきました!
続きを読む

Author: | Category:三又地域

今年からGBビジネスに仲間入り♪の横手市・南郷地域にて、2回目の山菜加工研修会を開催!

2018年6月14日

今年2回目の山菜加工研修会が、県南の地域を対象に6月12日(火)、開催されました。

山菜研修

続きを読む

Author: | Category:08由利エリア, 10平鹿エリア, 2 GBビジネス, 三又地域, 南郷地域, 赤田地域

横手市・三又集落で「サンソンプロジェクト」の山菜植え付け体験!

2017年11月14日

00_山菜の植え付け

10月29日(日)、横手市山内の三又集落で山菜の植え付け体験が行われました。
山内南共助連合会による「サンソンプロジェクト」の一環で行ったものです。
当日の様子をご紹介します!

続きを読む

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域, 南郷地域

横手市・山内地域で、“いぶりがっこ”作りが始まっています♪

2017年11月10日

南郷の高橋さん宅のいぶり小屋 (2)

10月29日(日)、横手市山内の南郷地域と三又地域に行ってきました!
山内といえばお漬物「いぶりがっこ」の産地でもあります。(^^) 
大根を燻す小屋を見せてもらったのでご紹介します。

続きを読む

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域, 南郷地域

第1回「地域の元気お届けマーケット」を開催しました!

2015年12月21日

DSC08380

11月28~29日の2日間、元気ムラ地域の皆さんが
秋田駅ぽぽろーどで開催された「地域の元気お届けマーケット」に参加しました!
10地域の元気ムラが自慢の逸品を販売しましたよ(^^)。
当日の様子をご紹介します!

続きを読む

Author: | Category:3 お届けマーケット, 三ツ矢沢地域, 三又地域, 亀田地域, 五里合・中石(ちゅういし)地域, 五里合・鮪川(しびかわ)地域, 山田地域, 田沢地域, 白岩地域, 赤田地域, 鶴形地域

千葉県柏市の京北スーパーに元気ムラ登場! 仙北市・田沢地域の皆さんによる「山菜料理教室」も開催!

2014年10月7日

京北スーパー秋田フェアの様子

6月13日~19日の期間、
千葉県柏市の京北スーパー全店で「秋田フェア」が開催されました。
このフェア期間のうち、13日~14日の2日間、
あきた元気ムラ集落の皆さんが店頭販売にチャレンジしました。
当日の様子をご紹介します!

続きを読む

Author: | Category:08由利エリア, 09仙北エリア, 10平鹿エリア, 2 GBビジネス, 三又地域, 田沢地域, 赤田地域

もうすぐ春! 三又の雪中運動会

2013年4月2日

祝い餅つき・雪中運動会

横手市山内の三又集落で「雪中運動会」が開催されました!
冬でもあったかい! 三又の姿を見ることができました。

続きを読む

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域

横手市・三又地域でイワナと手打ち蕎麦を満喫!!!

2012年9月12日

三又渓流祭り (5)

外で食べるイワナの塩焼きは美味しい!
8月14日、取材班は横手市の三又地域を訪れました。
続きを読む

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域

お待ちかね!三又観光わらび園が2012年もオープンしました!

2012年6月19日

たっぷり三又のワラビ

6月2日(土)、今年も横手市の三又観光わらび園がオープンしました!
わらびシーズン突入です!
続きを読む

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域

三又(みつまた)を味わう ~天然ワラビ園OPEN!~

2010年6月2日

「皆さん、ワラビを『残さず』取ってってくださいね~!!!」
…との贅沢な掛け声のもと、横手市・山内三又(みつまた)地域に5月29日、
天然ワラビ園がOPENしました!

合せるとこんなにとれたよワラビをたくさんとったよこっちもすごい

ご覧ください…プロ顔負けの子供たち!
彼らが持っているワラビは、この日オープンした三又ワラビ園で採ったものです。

三又ワラビ園の全景三又ワラビ園で採ったワラビ

オープン初日の29日は、40人を超える仙台からの観光客でワラビ園は賑いました!
2時間・1500円でワラビ採り放題の三又ワラビ園。
ワラビ園の広さはおよそ2ヘクタール。元々は草地だった場所を三又営農生産組合が整備しました。
時間いっぱいかけなくても、2袋いっぱいになってしまいます。…圧巻です。

三又ワラビ園近くのワラビ

ふと足元に目をやれば、すぐワラビが見つかるんですよ!
普通のワラビ採りは、山の中を探しまわらなければ見つからないのがネックのひとつ。
三又ワラビ園では、そんな面倒を感じることはありません。

「整備する前から自然と(ワラビが)生えてきてたよ」
と地元の方がおっしゃっていましたが、それは三又の「土」がいい証拠。
元々、豊穣な土地を、さらに三又営農生産組合で、草刈り、肥料巻き、火入れを行い
観光客に楽しんでもらえるワラビ園を整備しました。

ワラビ1

三又ワラビの3大特徴は…
1にやわらかく!
2に太く!
3に粘り強い!

おひたしにして食べるのもお薦めですが、三又地域の伝統食・納豆汁に入れて食べるのもオツ。
あく抜きの手間を省きたい方には、あく抜きを施し、自宅へ発送するサービスがお薦め。(※このサービスは別料金となります)
ワラビ園で楽しんだあとは、地元・三ツ又温泉でひと風呂浴びて、まったりしたいですね~。

祝い餅つき02三又の祝い餅つき

この日、三又ワラビ園を訪れた観光客のみなさんは、三ツ又温泉で、地域に伝わる風習「祝い餅つき」も体験されました。三又では、昔から、家を新築したら、村の人間が全員集まってお祝いに餅つきを行ってきたそうです。

それが、この「祝い餅つき」。
5~6人で臼の周囲を回りながら、キネを用いて、お餅をつきます。
お餅をキネで持ち上げる瞬間は気合が入りますよ。

ほおの木の

「ホオノキ」の葉っぱに乗せて出来あがったお餅です。
葉っぱの香りを楽しみながら、手づかみでお餅を食べるのがおススメ。一人でつくお餅と違い、弾力が違いますよ~。これぞ「三又」の味ですね。

さて、今回の元気ムラ・ベストスマイルは、
「三又をたっぷり体験していって欲しいね~」と話す、三又営農生産組合の石沢英夫さん。
組合長の石沢さん

三又ワラビ園は、もともとワラビが自生する場所。集落の人々もワラビ採りを楽しんでいました。
「でも、『この場所を観光ワラビ園に』と決めたら、みんな、自然と(この場所に)入らなくなりました。みんなの協力でここまできたと思います。たくさんの人が三又を訪れる場所となって欲しいですね。」

三又生産組合のみなさん

オープン初日を無事終えた、三又営農生産組合のみなさん、お疲れ様でした~。
皆さん、ぜひ、三又ワラビ園で「三又」を堪能していってくださいね~。

【三又わらび園の詳細】
●営業期間    5月中旬~7月下旬まで
●営業日・時間  毎週 水・日曜日 午前9時~11時(要予約)
●料金      一人1500円(2時間採り放題)
●予約      0182-53-5128(三又営農生産組合 代表 石沢英夫)
※営業期間や時間については、あらかじめお問い合わせください。
※ご予約は一週間前までにお願いいたします。

Author: | Category:10平鹿エリア, 三又地域

カレンダー
2022年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど