本文へスキップ

地域について

地域のあらましと歴史

 八峰町の本館(もとだて)地域は、旧八森町のほぼ中央、日本海を望む海岸段丘上に発達した小さな農村集落です。西側を除く三方を里山に囲まれているものの、国道101号から約1.5キロとアクセスも便利です。
 16世紀には戦国大名、檜山安東氏の支城がつくられ、「表門」、「表門の坂」などの地名も残るなど、城下町の名残が見られます。
 田んぼ越しに日本海を望む景観とあいまって、日本の原風景ともいえる農村のたたずまいを保っています。
 本館自治会では、平成元(1989)年、自治会長がヨーロッパを訪れ、グリーンツーリズム(以下「GT」といいます。)の状況を視察、これをきっかけに「集落まるごと農村博物館」構想をまとめ、GTの村として活動を始めました。
 平成12(2000)年には、GT拠点である宿泊施設「夕映の館」を、平成16(2004)年には、夕映の館の隣に「そば打ち体験館」を整備し、地元産のそば粉を使ったそば打ち体験など、食をテーマとした体験メニューの充実を図っています。

※人口・世帯数は令和2(2020)年4月1日現在の八峰町のデータです。

お知らせ

お知らせはありません。