山田地域を守る、わら人形の道祖神

 大館市山田地域の8か所に祀られているわら人形の神様。この神様は、山田では「ジンジョ(地蔵)様」と呼ばれ、禍(わざわい)から集落を守る「道阻神」と考えられています。
 
 昔、山田地域に赴任していた駐在所の巡査が「風紀上よくない」と人形を山に移し、人形の形も変えさせたところ、関係者が不幸に見舞われたというエピソードが残っています。400年受け継がれてきたことからも、山田の人々のジンジョ様への信仰の厚さをうかがえます。
 
 ジンジョ様のお祭りは旧暦10月末日の前日に行われ、「地蔵祭り」「ジンジョ祭り」と呼ばれています。祭り前日は、当番の家に町内の人々が集まり、ワラの取り替え作業が行われます。
 
 祭り本番は、ジンジョ様を担ぎ、太鼓、笛などのお囃子とともに大人たちが町内を練り歩きます。途中、隣の町内のジンジョ様と出会ったら、お互いのジンジョ様をぶつけあうのが恒例行事。練り歩きが終わり、祠にジンジョ様を納める頃は、辺りは真っ暗に。1年の無病息災を願い、ジンジョ祭りが終了します。
 
平成22(2010)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

山田地域の活動の歩み

  平成21(2009)年から本格的に地域おこし活動を始めた山田地域。この年から始まった軽トラ市「山田“菜”発見市」は住民が一人一役を担う場となっていて“自分たも主体になろう”という活動の連鎖が起きていました。この軽トラ市は1...

地域活動

地域団体

GBビジネス

生ハム工場「しらかみフーズ」

  平成20(2008)年に廃校になった、大館市の旧山田小学校の校舎を利用し、「株式会社しらかみフーズ」が生ハム工場を運営しています。平成21(2009)年、東京在住の実業家、根田哲雄さん(大館市出身)が、ふるさとの秋田県に貢...

買う

その他

篤農家 浅利菊松翁

 浅利菊松氏は「菊松翁」の名で知られる大館市山田地域生まれの篤農家です。78年間の記帳や64年間の気象観測などの功績が認められ、秋田県文化功労章の表彰を受けました。  祖父・寅松氏から農業と天候の密接な関わりを教えら...

歴史

地域の偉人