にかほ市の横岡地域から鳥海山を見上げると、海に近い方に巨大な「切り込み」が入っているのが分かります。

 ここが奈曽渓谷、奈曽川の源流域となっている場所です。鳥海山の雪解け水が、気の遠くなるような時間をかけて削り取っていたその渓谷は、下から見上げるだけでも迫力のある景色が楽しめます。

しかし、本当の楽しみは、実際に登って見ることで、奈曽渓谷の展望台までは、鳥海ブルーラインを使えば車で登ることが出来ます。
鉾立展望台の手前には「奈曽渓谷」の看板があり、そこに書かれた「深さ337m」「高さ1137m」が谷の深さと標高の高さを実感させます。

 鉾立展望台では、広い駐車場に止めて、備え付けの望遠鏡を使うなどして奈曽渓谷を存分に眺めることが出来ます。また、夏はイワツバメが手の届きそうな位置を何匹も何匹も行き来します。

 少しだけ登山道に入り、10分ほど歩くと、「白糸の滝」を見ることができます。滝が現れるのは雪解けの季節や雨の後だけ、貴重な滝を見られた貴方はラッキーかもしれません。1000mを越える山の上、少しだけとはいえ登山には十分にご注意ください。

 紅葉もまた見どころです。標高が高い所から一気に駆け下りてくる山の錦は、絶景と呼ぶにふさわしい光景です。

平成23(2011)年4月掲載

こちらの記事もおすすめです

黒坊様(稲倉神社)

 にかほ市横岡地域で「黒坊様」と呼ばれている稲倉神社(黒羽神社)は、鳥海山の手前にある稲倉岳の中腹に位置する神社です。  かつては勝負事の神様として、出征する兵士の信仰を集めた神社でした。今でも横岡の皆さんの信...

自然・施設

歴史

ビューポイント

神社・寺

上郷の温水路群

 にかほ市上郷地区、鳥海山麓の標高100~250mほどに位置するこの地域には、日本で初めて造られた温水路が存在します。横岡集落から田んぼを北へと進むと、杉林を越えたあたりに幅広い水路をいくつか見ることができます。 この...

自然・施設

その他

石持ち占い

 にかほ市横岡地域では、2月の最初の午(うま)の日に「初午(はつうま)行事」が行われます。集落の稲荷神社のお祭りで、前夜祭は個人宅にある「横岡正一位宇賀稲倉神社」で「石持ち占い」が行われます。「横岡正一位宇賀稲倉...

伝統行事・イベント

季節の行事