交流大会について About Athletic events and Culture events

水泳〔秋田市〕

水泳のご紹介

水泳秋田市

 現在の競泳の形が日本に普及したのは、明治末期から大正初期にかけてヨーロッパから西欧近代泳法が伝えられたのが始まりと言われています。
 1928年のアムステルダム五輪で初めて日本人選手がメダルを獲得して以降、数多くの世界大会でメダルを獲得するなど競技スポーツとしての人気のほか、健康増進などを目的とした生涯スポーツとしても高い人気を誇ります。


開催地:秋田県立総合プール

秋田県立総合プール

【会場の住所】

秋田県秋田市新屋町砂奴寄4-6

【アクセス】

○公共交通機関:秋田駅西口より、バスで約30分
(秋田中央交通県立プール線、「県立プール前」下車)

○車:秋田自動車道「秋田中央IC」より約20分

 

 

秋田市の観光情報

読み込み中