各種お知らせ

秋田県子ども・子育て支援条例

★秋田県子ども・子育て支援条例は、平成18年9月29日に制定された、秋田県の条例です。

★この条例の特徴として次の3つが挙げられます。 

1)子育て支援の充実と子どもの権利の保障を包括する総合条例

子ども・子育て支援のためには、企業や地域も含めた社会全体で子育てを支える社会づくりと、子ども自身ものびのびと健やかに成長できる環境の整備を併せて進めることが重要であることから、「子育て支援」と「子どもの権利保障」とを包括し、子育て家庭を対象とする総合的な政策の基盤として制定しました。

2)「経済的負担に対する支援」を条例の中に位置づける

本県が力点を置く基本的施策の一つとして、子育てにかかる経済的負担に対する支援の実施を、条例の上で明示しました。

3)「具体的施策を含む条例」であること

条例の実効性を確保するため、理念のみでなく具体的施策を含む条例としました。

◆子どもの権利擁護に関する仕組みづくり
  「子どもの権利擁護委員会」を新たに設置し、意識啓発から権利侵害の救済まで、子どもの権利擁護に関する業務を総合的に取り扱う。

◆推進体制の整備
 ・子育てと仕事の両立支援
子育てと仕事の両立について、企業の責務を明示するとともに、経済団体の協力を得ながら、県内企業への普及・浸透を図る。
 ・地域における支援活動の活性化
地域におけるネットワーク組織を設け、子ども・子育て支援活動団体の積極的参加を求めながら、地域における子育て支援活動の活性化と子育て県民運動の盛り上げを図る。

★秋田県子ども・子育て支援条例の条文はこちらから
★子ども・子育て支援活動計画の策定に関する指針(条例第18条関係)