各種お知らせ

子育て仲間のしゃべり場 「Nobody’s Perfect」 普及セミナーがH24.7.13に開催されました

【ノーバディズ・パーフェクト・プログラム】
「完璧な親なんていない」という考えのもと、進行役となるファシリテーターと一緒に、参加者同士が子育ての関心事などを約7回にわたって話し合うことで、親自らが前向きな子育てを見出すことができるカナダ発祥のプログラムです。子どもの虐待防止にも効果があります。

  秋田県では母親等の子育て不安を軽減し、ゆとりを持って子育てを楽しむ環境づくりを推進するため、この「ノーバディズ・パーフェクト・プログラム」による講座の開催経費を助成するとともに、このプログラムの普及に努めています。

 今回、プログラムの普及を図るため、子育て支援に関わる皆様と子育て中のお父さん、お母さんを対象に普及セミナーを開催しました。講演は、秋田でこのプログラムの普及に努める臨床心理士の柴田静寛氏による「新しい子育て支援を学ぶ」~ノーバディズ・パーフェクト・プログラムのねらいと効用~と題してお話がありました。

柴田静寛講師による講演の様子 セミナーの様子

 そのあと、実際の講座でファシリテーターとして活躍されている方2名と、講座に参加した子育て中のお母さん2名から講座を通して親支援について感じた事や講座を体験した感想などについて事例が発表されました。

事例発表の様子

 ファシリテーターの方からは近年の社会における子育て力の変化や、母親の育児力・親同士の結びつきの状況など、講座を通して参加者と話す中で感じた事や講座の効果などの発表がありました。
 実際に講座に参加したお母さんの発表では、講座の進み方などの様子や、他の参加者との関わり、受講後の気持ちの変化など、リアルな声を聞かせてくれました。

  その後のグループワークでは、このプログラムの手法を取り入れて、子育て支援の現場で抱えている問題の話し合いや情報交換をしたり、子育て中のお父さん・お母さんは講座の模擬体験をしました。どのグループも和やかに話し合いが進み、時には笑い声が聞こえてきていました。各グループごとに、グループワークの様子を簡単に発表し、最後に質疑応答して普及セミナーは終了しました。

グループワークの様子 グループワークの様子

 子育て支援に関わる方からは、普及セミナーを通してこのプログラムが持つ力を実感してもらえたようでした。また、参加した子育て中のお父さん・お母さんからも「ノーバディズ・パーフェクト・プログラムに参加したい」という声が聞かれました。

 ノーバディズ・パーフェクト・プログラムは教えられるものではなく、自分と同じ子育て中のお母さん達との話し合いの中で自分で気付き、自分が実践していく事に意味があり、だからこそ有効なのだと思います。講座中は託児があり、子どもと離れて親同士がゆっくり話すことができます。この時間はとても新鮮に感じるのではないでしょうか。
 子育てを頑張っているお母さん、「ノーバディズ・パーフェクト・プログラム」を一度体験してみませんか。

▶親支援講座に参加したお母さん達の事例発表での発表内容を紹介します。