子育て応援講座

平成26年07月09日  第1回◆健康な体は毎日の食事から!

胎児期編  講師:「妊婦さんの栄養学2」 菅妙子 講師

もうすぐママになるあなたへ!
 おなかの中の赤ちゃんをを育てるのは、ママとなるあなたです。
お母さんの食事はおなかの赤ちゃんへの最初の贈り物です。「あなたの体はあなたの食べたもので決まる」などのテレビのCMでもあったようですが、自分ではあれが食べたいとかこれが食べたいとか出来ないおなかの赤ちゃんです。小さな命の誕生まで食事には十分に気をつけてほしいものです。家族はもちろん地域のみなさんも応援しています。妊娠初期はつわりなどや、また暑い日が続いたり気温の変化などで食欲がなくなったりでたいへんですが、家族をも含めた食生活を見直すよい機会です。
 
健康な体は毎日の食事から!
 *1日3食おいしく食べていますか?
  妊娠中は十分なエネルギーと栄養が必要なので朝食を抜くなどしないように1日
  3回の食事と間食で満たしていきましょう。
 *主食をしっかり食べていますか?
  ごはんやパン、麺類は「炭水化物」です。色々組み合わせて、妊娠末期や授乳期には多めに食べるようにしましょう。
 *肉や魚、大豆製品や卵などをバランスよく食べていますか?
  好きなものだけに偏らないように「タンパク質」を十分摂りましょう。
  一部の魚にかたよらずいろいろな種類の魚を食べるようにすることも大事です。
  揚げる、焼く、蒸す、煮るなどの料理を組み合わせて一口多めに食べましょう。
 *野菜は「ビタミン、ミネラル」がたっぷり、野菜料理は一皿多めに食べましょう。
 *牛乳や乳製品、小魚の「カルシウム」は体をつくるためにとても大切です。お料理と組み合わせてたっぷりと。
 
献立を紹介します。作りやすい分量になっていますので家族のみなさんで暑い夏を
しっかり食べて乗り切りましょう!
 
 ・枝豆ごはんはちょっと塩味のある枝豆としらすのうまみで食欲のない夏場にごはんが進みますのでどうぞ。
 ・まぐろの大葉はさみ焼きは身近に手に入る魚で作って下さい。大葉のさわやかな香りが食欲を。大根おろしなど添えてポン酢などでさっぱりいただいてもいいでしょう。
 ・ナムルは鍋ひとつで野菜をゆでてたっぷりと作りましょう。
 ・水菜のミルクスープ。水菜には妊婦さんには大切な貧血を改善する「鉄分」や赤血球を造る「葉酸」が含まれ造血作用があるといわれています。サラダの野菜として人気ですが、スープでもシャキシャキした歯ごたえが味わえます。
 
レシピはこちら     

 1

講座一覧