県内の主なできごと

[PDFファイルを表示]

8月7日〜9月10日

8/11 任期満了に伴う仙南村長選挙の投票が行われ、新人の斎藤克巳氏(69)力物当選を果たした。
21 秋田港の定期コンテナ船の香港ルート第1便が入港した。
 新ルート就航とともに、釜山港(韓国)との1船ピストン運航から大型船3隻による周遊運航態勢に切り替わり、中国・東南アジア方面への貿易路拡大がなされた。
25 任期満了に伴う大潟村の村長選挙の投票が行われ、現職の宮田正馗(せいき)氏(57)が当選、6選を果たした。
27 東北農業試験場稲作研究百年式典が大曲市市民会館で行われた。
 式典には職員や0Bなど約600人が出席、同試験場の今までの業績や研究成果を振り返りながら節目を祝った。
29 県は、昨年10月1日現在で実施した国勢調査の第1次基本集計の本県分概要を発表した。
 総人口は1,213,667人と確定、平成2年に行われた前回調査に比べ、13,811人の減少。
 65歳以上の老年人口構成は19.6%と、ほぼ5人に1人の割合に達した。
9/1 全日空(ANA)の秋田―福岡線の就航から3ヵ月が経過した。この間の平均搭乗率は60.2%と、目標ラインに沿った実績を保っている。
3 任期満了に伴う十文字町の町長選挙が告示され、現職の西成辰雄氏(68)の無投票4選が決まった。
9 環境庁が世界遺産白神山地の普及啓発、自然学習の拠点として設置する遺産センターが、藤里町のきみまち阪藤里峡県立自然公園内の町有地に建設されることに決まった。



表紙のひと

 秋田銀行田代支店に勤務して5年目。
 仕事にも余裕が持てるようになり、おけいこごと(小原流生け花)や最近はテニスに取り組み始め、充実したアフターファイブをも楽しむ小柄でキュートな浅利千佳子さん(23・田代町住)。強風と小雨まじりの中の撮影、力メラマンの難しい注文にも笑顔で応えてくれました。
  (町民体育館・グリアス田代前にて)