県内の主なできごと

[PDFファイルを表示]

2月13日〜3月13日


2/14 任期満了に伴う井川町長選で、現職の斎藤正寧氏(52)の無投票5選が決まった。

 17 2月定例県議会が開会した。提出された案件は総額6,668億8千万円の7年度一般会計当初予算案などl09件。会期は3月8日までの20日間。

 18 17〜18日田沢湖町で開催された第24回全国身体障害者スキー大会で、県勢は6人が9個の金メダルを獲得、都道府県対抗でも初優勝を飾った。

 21 任期満了に伴う田代町長選で、現職の吉田光明氏(42)の無投票再選が決まった。

 22 19〜22日開催された「ふくしま国体」冬季大会スキー競技会で、県勢は男子15キロ成年1部の永井豊美選手、女子大回転成年2部の三浦ひとみ選手の優勝をはじめ16種目で入賞(昨年10種目)、天皇杯順位を6位(同9位)とした。

 27 県が明らかにした9月1円に解禁となるハタハタの新たな資源管理策によると、保護区や休漁期間の設定、操業規模の縮小などで、漁獲しながら資源量を増やすことを目指していく。

3/6 阪神大震災のため搬入が遅れていた秋田新幹線の試作車3両が、神戸から船便で仙台に到着した。横浜で製造された2両と合わせJR仙台総合車両所で組み立て、4月から走行試験に入る。

 9 市町村事業に県の各種制度を優遇的に使って効果を高めようと6年度からスタートした「先導的地域活性化プロジェクト総合支援事業」の初年度事業に、象潟町の「ふれあいの里整備事業」と増田町の「釣りキチ三平の里整備事業」が選ばれた。

 10 国土庁が、清水を生かした町づくりに成果を上げている全国刈地域を選定した「水の郷(さと)」に六郷町が選ばれた。同町の涌(ゆう)水群は、昭和60年環境庁選定の「名水百選」にも選ばれている。



(表紙のひと)
 テニスと生け花が趣味という能代市の武田美誉子さん(24)。今月17日にオープンする能代山本スポーツリゾートセンター「アリナス」に勤務し、フロントを担当。「アリナス」アリーナ2階のランニングコースで撮影。